Fortran

Fortran - ISS 位置・速度(WGS84(BLH) 座標)の算出!  (2019-02-14)

前回、 Fortran 95 で NASA 提供の最新の TLE(2行軌道要素形式)から任意の時刻(UT1; 世界時1)の ISS の位置・速度(TEME 座標)を、 SGP4 アルゴリズムを用いて計算しました。 今回は、これの応用として、取得した TEME 座標を WGS84 座標(いわゆる、緯度・経度・高度...

Fortran - ISS 位置・速度(TEME 座標)の算出!  (2019-02-11)

Fortran 95 で、 NASA 提供の最新の TLE(2行軌道要素形式)から任意の時刻(UT1; 世界時1)の ISS の位置・速度(TEME 座標)を、 SGP4 アルゴリズムを用いて計算してみました。

Fortran - 日・月の出・南中・入時刻の計算!  (2019-01-24)

Fortran 95 で、日・月の出・南中・入時刻を計算してみました。(出・入はその時の方位角、南中はその時の高度も) 過去に Ruby で行ったことはありましたが。 Ruby - 日・月の出・入・南中計算 gem の作成!

Fortran - 太陽・月の視位置計算(海保略算式版)!  (2019-01-21)

Fortran 95 で、海上保安庁・海洋情報部の「コンピュータによる天体の位置計算式」を利用して、太陽や月の視位置等を計算してみました。 過去に Ruby や Python で行ったことはありましたが。 Ruby - 太陽・月の視赤経・視赤緯等の計算(海保略算式版)! Ruby - 太陽・月の視黄...

Fortran - JPL DE430 データから太陽・月の視位置を計算!  (2019-01-18)

Fortran 95 で、 NASA の機関である JPL(Jet Propulsion Laboratory) が惑星探査用に編纂・発行している太陽・月・惑星の暦の最新版 DE430 からデータを取得し、太陽と月の視位置を高精度で計算してみました。 過去に Ruby で行ったことはありましたが。(Python...

Fortran - バイアス・歳差・章動の適用!  (2019-01-15)

赤道直交座標にバイアス・歳差・章動の回転を適用する処理を Fortran 95 で実装してみました。 過去には Ruby のライブラリを作成たことがありましたが。(Python でも作成したことがあるが、ブログ記事にはしていない) Ruby - バイアス・歳差・章動の適用(by 自作 gem ライブラリ...

Fortran - JPL 天文暦データから ICRS 座標を計算!  (2019-01-12)

前回、NASA の機関である JPL(Jet Propulsion Laboratory) が惑星探査用に編纂・発行している月・惑星の暦の最新版 DE430 のバイナリ形式のデータを Fortran 95 で読み込みました。 Fortran - JPL 天文暦バイナリデータの読み込み! 今回は、読み込...

Fortran - JPL 天文暦バイナリデータの読み込み!  (2019-01-09)

NASA の機関である JPL(Jet Propulsion Laboratory) が惑星探査用に編纂・発行している月・惑星の暦の最新版 DE430 のバイナリ形式のデータを Fortran 95 で読み込んでみました。 過去には Ruby や Python でも行いましたが。 Ruby - JPL ...

Fortran - 章動の計算(IAU2000A 理論)!  (2019-01-03)

天体の回転に使用する章動の計算を Fortran 95 で行いました。(使用するのは IAU2000A 理論) 過去には Ruby や Python でも行いましたが。 Ruby - 章動の計算(IAU2000A 理論)! Python - 章動の計算(IAU2000A 理論)!

Fortran - 赤道・黄道座標の変換!  (2018-12-29)

赤道直交座標と黄道直交座標や、直交座標と極座標の相互変換を Fortran 95 で行いました。 過去には Ruby や Python でも行いましたが。 赤道座標と黄道座標、直交座標と極座標の変換! Ruby - 赤道・黄道座標の変換(by 自作 gem ライブラリ)! Python - 赤道...

Fortran - 各種時刻系の換算!  (2018-12-26)

暦計算や天文計算を行う際に必要な各種時刻系換算を Fortran 95 で行いました。 過去には Ruby や Python でも行いましたが。 Ruby - 各種時刻系の換算! Python - 各種時刻系の変換!

JPL 天文暦データのバイナリ化(Fortran 95 Ver.)!  (2018-12-23)

以前、複数存在する DE430 のテキスト形式データファイルを1つのバイナリ形式のファイルにコンバートする方法についての記録しました。 JPL 天文暦データのバイナリ化! 但し、 FORTRAN 77 のソースコードでした。 今回、 Fortran 95 に移植しました。以下、その記録です。

Fortran - 階乗の計算!  (2018-11-17)

Fortran 95 で階乗の計算をしてみました。(あまりに簡単なアルゴリズムですが)

Fortran - 一様乱数(線形合同法)!  (2017-05-02)

以前、線形合同法を使用して一様乱数を生成する C++ コードや Ruby スクリプトを紹介しました。 C++ - 一様乱数(線形合同法)! Ruby - 一様乱数(線形合同法)! 今回は、同じアルゴリズムを Fortran90/95 で実装してみました。 アルゴリズムについては、上記 C++ の記...

JPL 天文暦データのバイナリ化!  (2016-04-18)

前回、「月・惑星の暦 JPL DE430 について」という記事を公開しました。(DE430 は、NASA の機関である JPL(Jet Propulsion LaboratoryJPL) が惑星探査用に編纂・発行している月・惑星の暦の最新版) 今回は、複数存在する DE430 のテキスト形式データファイルを1つ...

GCC - 最新版をソースビルドでインストール(on CentOS)!  (2014-10-02)

こんばんは。 パッケージでインストールされる GCC(GNU Compiler Collection) はバージョンが若干古く、新しいバージョンで搭載された機能を試す(使用する)ことができません。 (例えば、旧バージョンでは boost ライブラリを使用しなければならなかった “regex” が標準で使用できる...

GCC - 最新版をソースビルドでインストール(on Linux Mint)!  (2014-09-30)

パッケージでインストールされる GCC(GNU Compiler Collection) はバージョンが若干古く、新しいバージョンで搭載された機能を試す(使用する)ことができません。 (例えば、旧バージョンでは boost ライブラリを使用しなければならなかった “regex” が標準で使用できるようになっている...

Fortran - 最小二乗法!  (2014-03-04)

前々回、前回は、C++, Ruby による「最小二乗法」のアルゴリズムを紹介しました。 C++ - 最小二乗法! Ruby - 最小二乗法! 今回は、同じアルゴリズムを Fortran 95 で実現してみました。アルゴリズムについては、上記リンクの記事を参照してください。

Fortran - 円周率計算(Arctan 系公式)  (2013-04-17)

これまで、円周率を Arctan 系の公式で多桁計算する C++, Ruby アルゴリズムを紹介しました。 C++ - 円周率計算(Arctan 系公式(その2))! Ruby - 円周率計算(Arctan 系公式(その2))! (上記のリンクの記事より以前にも同様な記事を紹介していますが、改良前...

Cygwin - Fortran95 を使う!  (2012-03-27)

Cygwin 上で Fortran を使えるようにしてみました。 大学時代に FORTRAN77(パンチカード式)に少しだけ触れた程度でしたが、思い出す意味も含めてコンパイルできる環境を準備してみました。 Fortran は現在、オブジェクト指向プログラミングのできる Fortran2003 が最新のようですが...