Fortran - 多倍長演算ライブラリ FMLIB のインストール!

更新日時:


Fortran 90/95 で多倍長演算をすべく、ライブラリ FMLIB をインストールしました。

0. 前提条件

  • LMDE 3 (Linuz Mint Debian Edition 3; 64bit) での作業を想定。
  • GCC 6.3.0 でのビルド(コンパイル&リンク)を想定。

1. FMLIB について

FMLIB とは、 Fortran 90/95 用の多倍長演算パッケージである。

2. ファイルの準備

こちら」のページ内から FM_files.zip というアーカイブファイルをダウンロードし、展開しておく。(必要なファイルを個別にダウンロードしてもよいが、当記事執筆時点では、各ファイルが PDF 化されていて扱いにくい)

そして、展開したディレクトリ内から、以下のファイルを適当な(コンパイル用)ディレクトリ内に配置する。

  • fm.f95
  • fmzm90.f95
  • fmsave.f95
  • TestFM.f95
  • SampleFM.f95
  • SampleFM.chk
  • FM_User_Manual.txt

3. モジュール等のコンパイル

$ gfortran fmsave.f95 -c -O3
$ gfortran fm.f95 -c -O3
$ gfortran fmzm90.f95 -c -O3

4. テストプログラムのコンパイル&リンク、実行

$ gfortran TestFM.f95 -c -O3
$ gfortran fmsave.o fm.o fmzm90.o TestFM.o -o TestFM
$ ./TestFM

TEMPFM, TestFM.out, FMERRMSG.outというファイルが生成される。

5. サンプルプログラムのコンパイル&リンク、実行

$ gfortran SampleFM.f95 -c -O3
$ gfortran fmsave.o fm.o fmzm90.o SampleFM.o -o SampleFM
$ ./SampleFM

SampleFM.out というファイルが生成されるので、 SampleFM.chk と内容が同じであることを確認する。


次回、 FMLIB を実際に使用して計算してみたいと思います。

以上。

 

Sponsored Link

 

コメントする