Fortran 95 - 円周率の計算(多倍長演算ライブラリ FMLIB 使用)!

更新日時:


Fortran 95 で多倍長演算ライブラリ FMLIB を使用して円周率を計算してみました。(Chudnovsky の公式、 BSA(Binary Splitting Algorithm) 法を使用)

0. 前提条件

1. Chudnovsky の公式について

当ブログ過去記事を参照のこと。

2. ソースコードの作成

File: pi_chudnovsky.f95

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
101
102
103
104
105
106
107
108
109
110
111
112
113
114
115
116
117
118
119
120
121
122
123
124
125
126
127
128
129
130
131
132
133
134
135
136
137
138
139
140
141
142
143
144
145
146
147
!****************************************************
! 円周率の計算
! * 多倍長演算ライブラリ FMLIB 使用
! * Chudnovsky の公式使用
!
! date          name            version
! 2018.11.18    mk-mode.com     1.00 新規作成
!
! Copyright(C) 2018 mk-mode.com All Rights Reserved.
!****************************************************
!
program pi_chudnovsky
  use fmzm
  implicit none
  ! 各種定数
  integer,      parameter :: SP = kind(1.0)
  integer(SP),  parameter :: DP = selected_real_kind(2 * precision(1.0_SP))
  integer(SP),  parameter :: UID   = 10        ! 出力ファイル用 UID
  character(*), parameter :: F_OUT = "PI.txt"  ! 結果出力ファイル
  ! (Digits per term) log(53360 ** 3) / log(10)
  real(DP),     parameter :: DIGIT_T = 14.181647462725476_DP
  ! (for Chudnovsky)
  integer(SP),  parameter :: CHD_A = 13591409
  integer(SP),  parameter :: CHD_B = 545140134
  integer(SP),  parameter :: CHD_C = 640320
  integer(SP),  parameter :: CHD_D = 426880
  integer(SP),  parameter :: CHD_E = 10005
  ! 各種変数
  character(16)    :: fmt_s          ! 結果出力フォーマット
  character(10**9) :: s              ! 結果文字列
  integer(SP)      :: digit          ! 計算桁数(小数点以下)
  integer(SP)      :: ios            ! ファイル IO ステータス
  integer(SP)      :: n              ! N 格納用
  real(DP)         :: t_0, t_1, t_2  ! 実行時間計算用
  type(IM)         :: a, b, c, d, e  ! Chudnovsky 用(A, B, C, D, E)
  type(IM)         :: c3_24          ! C**3 / 24 格納用
  type(FM)         :: pi             ! 円周率
  ! 構造型
  type :: t_pqt
    type(IM) :: p, q, t
  end type t_pqt

  ! 計算桁数取得
  write (*, '(A)', advance="no") "Number of digits to calculate: "
  read (* , '(I12)') digit
  if (digit == 0) stop
  print '(/, A, I0, A)', "#### PI COMPUTATION ( ", digit, "-digit )"

  ! 処理開始
  call FM_SET(digit + 2)

  ! 各種初期値計算
  ! * a, b, c, d, e: Chudnovsky 用
  ! * c3_24: C * C * C / 24 = 10939058860032000
  ! * n: 計算項数
  a = TO_IM(CHD_A)
  b = TO_IM(CHD_B)
  c = TO_IM(CHD_C)
  d = TO_IM(CHD_D)
  e = TO_IM(CHD_E)
  c3_24 = c**3 / 24
  n = int(digit / DIGIT_T)

  ! 実計算
  call cpu_time(t_0)
  call compute(n, pi)
  !call FMPRINT(pi)  ! <= FMLIB デフォルトのフォーマットで画面出力する場合

  ! 計算終了
  call cpu_time(t_1)
  print '("Duration of computaion: ", F8.3, " sec.")', t_1 - t_0

  ! 書き込み用テキストファイル OPEN
  ! * 以下では、作成済みのファイルを誤消去しないよう status を "new" にしているが、
  !   上書きするようにしたければ、 "replace" にする。
  open (unit   = UID,         &
      & iostat = ios,         &
      & file   = F_OUT,       &
      & action = "write",     &
      & form   = "formatted", &
      & status = "new")
      !& status = "replace")
  if (ios /= 0) then
    print '("[ERROR:", I0 ,"] Failed to open file: ", A)', ios, F_OUT
    stop
  end if

  ! ファイル出力
  write (fmt_s, '("F", I0, ".", I0)') digit + 2, digit
  call FM_FORM(fmt_s, pi, s)
  write (UID, '(A)') trim(s)

  ! 書き込み用テキストファイル CLOSE
  close(UID)

  ! 処理終了
  call cpu_time(t_2)
  print '("           file output: ", F8.3, " sec.")', t_2 - t_1
  print '("                 total: ", F8.3, " sec.")', t_2 - t_0

  stop
contains
  ! 計算
  ! * 級数展開の計算量削減のために BSA 法(Binary Splitting Algorithm) を使用
  ! * 計算結果を 10 ** digit で除算したものが真の値
  !
  ! :param(in)  integer(4) n: 計算項数
  !: param(out) type(IM)  pi: 円周率
  subroutine compute(n, pi)
    implicit none
    integer(SP), intent(in)  :: n
    type(FM),    intent(out) :: pi
    type(t_pqt) :: pqt

    call bsa(0, n, pqt)
    pi = d * sqrt(TO_FM(e)) * pqt%q / (a * pqt%q + pqt%t)
  end subroutine

  ! BSA 法
  !
  ! :param(in)    integer(4)  n_0: 左端項
  ! :param(in)    integer(4)  n_1: 右端項
  ! :param(inout) type(t_pqt) pqt: 構造型 PQT
  recursive subroutine bsa(n_0, n_1, pqt)
    implicit none
    integer(SP), intent(in)  :: n_0, n_1
    type(t_pqt), intent(out) :: pqt
    type(t_pqt) :: pqt_l, pqt_r  ! 左端〜中間項、中間〜右端項の PQT
    type(IM)    :: in_1          ! n_1 を IM 化したもの
    integer(SP) :: m             ! 中間項

    in_1 = TO_IM(n_1)
    if (n_0 + 1 == n_1) then
      pqt%p = (in_1 * 2 - 1) * (in_1 * 6 - 1) * (in_1 * 6 - 5)
      pqt%q = c3_24 * in_1 * in_1 * in_1
      pqt%t = (a + b * in_1) * pqt%p
      if (iand(n_1, 1) == 1) pqt%t = -pqt%t
    else
      m = int((n_0 + n_1) / 2)
      call bsa(n_0, m, pqt_l)
      call bsa(m, n_1, pqt_r)
      pqt%p = pqt_l%p * pqt_r%p
      pqt%q = pqt_l%q * pqt_r%q
      pqt%t = pqt_l%t * pqt_r%q + pqt_l%p * pqt_r%t
    end if
  end subroutine bsa
end program pi_chudnovsky

3. FMLIB の準備

コンパイルに使用するので、同じディレクトリ内に FMLIB のオプジェクト/モジュールファイルのリンクを貼っておく。(煩わしくないのなら、コンパイル時にフルパスで指定してもよい。また、 Makefile を作成してビルドする方法でも良いだろう)

4. コンパイル&リンク

$ gfortran pi_chudnovsky.f95 -c -O3
$ gfortran fmsave.o fm.o fmzm90.o pi_chudnovsky.o -o pi_chudnovsky

5. 実行

(以下は、10万桁を計算する例)

$ ./pi_chudnovsky
Number of digits to calculate: 100000

#### PI COMPUTATION ( 100000-digit )
Duration of computaion:    0.284 sec.
           file output:    0.880 sec.
                 total:    1.164 sec.

6. 結果確認

PI.txt というテキストファイルが作成されるので確認する。

File: PI.txt

1
2
3
4
5
3.1415926535897932384626433832795028841971
       :
====< 中略 >====
       :
6999892256959688159205600101655256375679

円周率.jp - 10進数表記」 と比較してみると、四捨五入の関係で最後の1桁のみことなるが、その他は一致している。


同様の計算を C++ で多倍長演算ライブラリ GMP を使用したり、 Ruby や Python で GMP のラッパライブラリを使用して行った場合と比べると、処理の開始〜終了に10倍以上の時間がかかる。
FMLIB は、精度と引き換えに時間が犠牲になるようだ。

以上。

 

Sponsored Link

 

コメントする