mk-mode BLOG

このブログは自作の自宅サーバに構築した Debian GNU/Linux で運用しています。
PC・サーバ構築等の話題を中心に公開しております。(クローンサイト: GitHub Pages

ブログ開設日2009-01-05
サーバ連続稼働時間
Reading...
Page View 合計
Reading...
今日
Reading...
昨日
Reading...

Python - 地球自転速度補正値 ΔT の計算!

[ プログラミング, 暦・カレンダー ] [ Python, カレンダー, 暦・カレンダー ]

こんばんは。

地球自転速度補正値 delta T (ΔT) の計算式が NASA - Polynomial Expressions for Delta T に掲載されていますので、 Python で実装しました。(-1900年〜3000年対応)

さらに、1972年から2018年までは、うるう秒実施日一覧: NICT - 日本標準時プロジェクトで公開されている「うるう秒」に 32.184(= TT(地球時) - TAI(国際原子時)) を加算した値とも比較できるようにしてみました。

各種時刻系については、当ブログ過去記事等をご参照ください。

ちなみに、過去に同じことを Ruby で行っています。

Python - JPL 天文暦データから ICRS 座標を計算!

[ プログラミング, 暦・カレンダー ] [ Python, カレンダー ]

こんばんは。

以前、 NASA の機関である JPL(Jet Propulsion Laboratory) が惑星探査用に編纂・発行している月・惑星の暦の最新版 DE430 のバイナリ形式のデータを Ruby で読み込み、さらに、読み込んだデータから ICRS 座標を計算する Ruby スクリプトを作成しました。

今回は、同様のことを Python で実現してみました。

Python - 太陽・月の視黄経・視黄緯等の計算(海保略算式版)!

[ プログラミング, 暦・カレンダー ] [ Python, カレンダー ]

こんばんは。

前回、 Python で、海上保安庁・海洋情報部の「コンピュータによる天体の位置計算式」を利用して、太陽や月の視赤経や視赤緯等を計算してみました。

今回は、太陽・月の視赤経・視赤緯を視黄経・視黄緯に変換してみました。

Python - 太陽・月の視赤経・視赤緯等の計算(海保略算式版)!

[ プログラミング, 暦・カレンダー ] [ Python, カレンダー ]

こんばんは。

海上保安庁・海洋情報部から「コンピュータによる天体の位置計算式」という標題で、計算方法や計算に必要な係数が公開さいれています。

以前、 Ruby で実装しました。

今回は、 Python で実装してみました。(アルゴリズムや実装ロジックは同じ)

Python - ローレンツ・アトラクタ(Runge-Kutta 法)!

[ プログラミング, 数学 ] [ Ruby ]

こんばんは。

先日、 Ruby でローレンツ・アトラクタを計算&描画しました。

そして、前回、 Python で微分方程式の近似解法に Euler(オイラー)法を使用して、ローレンツ・アトラクタを計算&描画しました。

今回は、微分方程式の近似解法に Runge-Kutta(ルンゲ=クッタ)法を使用して、計算&描画してみました。(Python で)

Python - ローレンツ・アトラクタ(Euler 法)!

[ プログラミング, 数学 ] [ Ruby ]

こんばんは。

先日、 Ruby でローレンツ・アトラクタを計算&描画しました。

今回は、 Python でローレンツ・アトラクタを計算&描画してみました。(微分方程式の近似解法には、同じく Euler(オイラー)法を使用)

Ruby - ローレンツ・アトラクタ(Runge-Kutta 法)!

[ プログラミング, 数学 ] [ Ruby ]

こんばんは。

前回、微分方程式の近似解法に Euler(オイラー)法を使用して、ローレンツ・アトラクタを計算&描画してみました。(Ruby で)

今回は、微分方程式の近似解法に Runge-Kutta(ルンゲ=クッタ)法を使用して、計算&描画してみました。(Ruby で)