mk-mode BLOG

このブログは自作の自宅サーバに構築した Debian GNU/Linux で運用しています。
PC・サーバ構築等の話題を中心に公開しております。(クローンサイト: GitHub Pages

ブログ開設日2009-01-05
サーバ連続稼働時間
Reading...
Page View 合計
Reading...
今日
Reading...
昨日
Reading...

Debian 9 (Stretch) - NTP サーバ Chrony 構築!

[ サーバ構築 ] [ Debian, Linux, NTP ]

こんばんは。

Debian GNU/Linux 9 (Stretch) に NTP サーバ Chrony を構築する方法についての記録です。

以前古いバージョンでの作業時に残していた記録を参考に作業を行い、今回更新した作業記録を貼付する形式の内容となっています。
(当然ながら、興味がなければスルーしてください)

0. 前提条件

  • Debian GNU/Linux 9 (Stretch) での作業を想定。
  • 従来からの ntpd ではなく chronyd をインストールする。
  • ntpd と chronyd の違いについては、「第13章 chrony スイートを使用した NTP 設定」を参照。
  • ローカルネットワークは 192.168.11.0/24 とする。
  • root ユーザでの作業を想定。

1. Chrony のインストール

1
# apt -y install chrony

2. 設定ファイルの編集

/etc/chrony/chrony.conf
1
2
3
4
5
6
server ntp.nict.jp iburst           # <= 追加
server ntp1.jst.mfeed.ad.jp iburst  # <= 追加
server ntp2.jst.mfeed.ad.jp iburst  # <= 追加
server ntp3.jst.mfeed.ad.jp iburst  # <= 追加

allow 192.168.11.0/24               # <= 追加

うるう秒にも対応させるには、以下のような記述も追記する。(参考: chrony - Manual for version 2.3
(うるう秒対策時のみでもよいだろう)

/etc/chrony/chrony.conf
1
2
3
leapsecmode slew
maxslewrate 1000
smoothtime 400 0.001 leaponly

3. Chrony の再起動

インストール直後は起動した状態になっているので、前述の変更を有効化するために再起動する。

1
# systemctl restart chrony

4. Chrony の自動起動設定

インストール後はデフォルトで自動起動するように設定されているはずだが、自動起動するようなっていなければ設定する。

1
2
3
4
# systemctl enable chrony
Synchronizing state of chrony.service with SysV service script with /lib/systemd/systemd-sysv-install.
Executing: /lib/systemd/systemd-sysv-install enable chrony
Created symlink /etc/systemd/system/chronyd.service → /lib/systemd/system/chrony.service.

確認してみる。

1
2
# systemctl is-enabled chrony
enabled

以下のようにして、確認してもよい。

1
2
3
# systemctl list-unit-files -t service | grep chrony
chrony.service                         enabled
chronyd.service                        enabled

5. 時刻同期状況の確認

数分後くらいに同期状況を確認してみる。(ntpd の ntpq -p にあたる)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
# chronyc sources
210 Number of sources = 8
MS Name/IP address         Stratum Poll Reach LastRx Last sample
===============================================================================
^- chobi.paina.net               2   6    17    61    -21ms[  -19ms] +/-   59ms
^+ einzbern.turenar.xyz          2   6    17    60   +971us[ +971us] +/-   43ms
^- 153-128-30-125.compute.j>     2   6    17    62    -33ms[  -30ms] +/-   87ms
^- timpany.srv.jre655.com        2   6    17    62    -16ms[-7474us] +/-   36ms
^* ntp-b2.nict.go.jp             1   6    17    61  +1099us[+3546us] +/-   17ms
^- ntp1.jst.mfeed.ad.jp          2   6    17    61   +215us[+2662us] +/-   90ms
^- ntp2.jst.mfeed.ad.jp          2   6    17    62    -39ms[  -31ms] +/-  134ms
^- ntp3.jst.mfeed.ad.jp          2   6    17    60   +981us[ +981us] +/-  120ms
  • 1カラム目の ^ は「サーバ」(他に = は「ピア」、# はローカルのハードウェアクロック)
  • 2カラム目の * は「同期対象として採用」
  • 2カラム目の + は「同期対象候補」
  • 2カラム目の - は「アルゴリズムにより同期対象から除外」

以上。

Comments