Debian 10 (buster) - Monit でプロセス監視(ソースビルド)!

更新日時:


Debian GNU/Linux 10 (buster) にプロセス監視ツール monit をインストールする方法についての記録です。

以前古いバージョンでの作業時に残していた記録を参考に作業を行い、今回更新した作業記録を貼付する形式の内容となっています。
(当然ながら、興味がなければスルーしてください)

0. 前提条件

  • Debian GNU/Linux 10 (buster) での作業を想定。
  • root ユーザでの作業を想定。
  • Debian 9 (stretch) にはパッケージが存在したが、 10 (buster) には存在しないため、ソースをビルドしてインストール必要がある。
  • 当記事執筆時点で最新の 5.26.0 をインストールする。

1. アーカイブファイルのダウンロード&展開

# cd /usr/local/src
# wget https://mmonit.com/monit/dist/monit-5.26.0.tar.gz
# tar zxvf monit-5.26.0.tar.gz

2. ビルド&インストール

# cd monit-5.26.0
# ./configure
# make
# make install

3. インストールの確認

# monit -V
This is Monit version 5.26.0
Built with ssl, with ipv6, with compression, with pam and with large files
Copyright (C) 2001-2019 Tildeslash Ltd. All Rights Reserved.

4. 起動ファイルの作成

起動ファイル(Systemd)を作成する。

File: /lib/systemd/system/monit.service

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
# This file is systemd template for monit service. To
# register monit with systemd, place the monit.service file
# to the /lib/systemd/system/ directory and then start it
# using systemctl (see bellow).
#
# Enable monit to start on boot: 
#         systemctl enable monit.service
#
# Start monit immediately: 
#         systemctl start monit.service
#
# Stop monit:
#         systemctl stop monit.service
#
# Status:
#         systemctl status monit.service

[Unit]
Description=Pro-active monitoring utility for unix systems
After=network.target
Documentation=man:monit(1) https://mmonit.com/wiki/Monit/HowTo 

[Service]
Type=simple
KillMode=process
ExecStart=/usr/local/bin/monit -I
ExecStop=/usr/local/bin/monit quit
ExecReload=/usr/local/bin/monit reload
Restart = on-abnormal
StandardOutput=null

[Install]
WantedBy=multi-user.target

5. 設定ファイル作成

まず、ソースディレクトリ内の既存の設定ファイルを複製。(設定ファイルは ~/.monitrc, /etc/monitrc, /usr/local/etc/monitrc, /usr/local/etc/monitrc, ./monitrc のいずれかで行なう)
当方は /etc/monitrc とした。

# cp monitrc /etc/

そして、編集。(以下は当方の例。他はデフォルト)

File: /etc/monitrc

  set daemon 120                              # 監視間隔(秒)

  set mailserver localhost                    # メールサーバ

  set mail-format {                           # メール書式
    from:    Monit <monit@$HOST>
    subject: monit alert --  $EVENT $SERVICE
    message: $EVENT Service $SERVICE
                  Date:        $DATE
                  Action:      $ACTION
                  Host:        $HOST
                  Description: $DESCRIPTION

             Your faithful employee,
             Monit
  }

  set alert root@localhost                    # 通知先メールアドレス

  include /etc/monit.d/*                    # 別の設定ファイル読み込み
  • メールサーバは複数設定可能。
  • メール通知先も複数設定可能。
  • set alert root@localhost only on { xxxx } などとすれば、xxxx アクション発生時のみメール通知するようにする。
  • set alert root@localhost but not on { xxxx } などとすれば、xxxx 以外のアクション発生時のみメール通知するようにする。
  • その他の設定等については、 “monit.conf” 内のコメントや公式ドキュメントを参照のこと。

6. アラート機能の設定

以下は MySQL サーバを監視する例。(パスは環境に合わせて適宜置き換えること)

File: /etc/monit.d/mysqld

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
check process mysql with pidfile /var/run/mysqld/mysqld.pid
    every 1 cycle
    start program = "/etc/rc.d/init.d/mysqld start"
    stop  program = "/etc/rc.d/init.d/mysqld stop"
    if failed
        host localhost port 3306 protocol mysql
        with timeout 15 seconds for 3 times within 4 cycles
    then restart$
    if failed
        unixsocket /var/run/mysqld/mysqld.sock protocol mysql
        for 3 times within 4 cycles
    then restart$
    if 5 restarts within 5 cycles then timeout
  • mysqld.pid ファイルを1サイクル(今回の設定では 120秒)毎に監視し、存在しなければ MySQL サーバを再起動する。
  • TCP ポート 3306 への接続が4回中3回15秒のタイムアウトで失敗する場合は、 MySQL サーバを再起動する。
  • Unix ソケットへの接続が4回中3回失敗する場合は、 MySQL サーバを再起動する。
  • 5回中5回再起動となる場合は、タイムアウトする。
  • group xxxx としてグループ単位で監視の制御をすることも可能。
  • CPU 使用量やメモリ使用量等を監視することも可能。

PID ファイルの存在を監視するのではなく、プロセス自体の存在を監視したければ、1行目を以下のようにする。(以下は、プロセス名に hoge を含むプロセスを監視する例で、正規表現で指定する)

File: /etc/monit.d/hoge

check process hoge matching "hoge"

7. 構文チェック

予め設定ファイルの構文をチェックすることができる。

# monit -t
Control file syntax OK

8. monit の起動

# systemctl start monit

9. 自動起動の設定

# systemctl enable monit
Created symlink /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/monit.service→ /lib/systemd/system/monit.service.

# systemctl is-enabled monit
enabled

10. 監視状況の確認

# monit status
Monit 5.26.0 uptime: 4m

System 'noah'
  status                       OK
  monitoring status            Monitored
  monitoring mode              active
  on reboot                    start
  load average                 [0.04] [0.16] [0.34]
  cpu                          0.0%us 0.1%sy 1.1%wa
  memory usage                 1.2 GB [60.7%]
  swap usage                   12.8 MB [0.3%]
  uptime                       54m
  boot time                    Sun, 29 Sep 2019 10:24:29
  data collected               Sun, 29 Sep 2019 11:19:12

  • monit summary だと status だけを確認できる。
  • アラートの設定をしていれば、アラートの状況も出力される。

11. 個別監視の停止・起動

個別に監視を停止・起動するには以下のようにする。

# monit stop xxxx
# monit start xxxx

12. グループ単位での監視の停止・起動

個別の設定ファイル内で group xxxx のように記述していれば、xxxx グループの単位で監視を停止・起動することができる。

# monit -g xxxx stop
# monit -g xxxx start

13. 参考サイト

インストールや Systemd の設定は以下。


以上。

 

Sponsored Link

 

コメントする