LMDE2 - R インストール(by Apt パッケージ)!

更新日時:


以前、 Scientific Linux や Linux Mint のデスクトップ環境に統計解析向けプログラミング言語 R をインストールしたことを記事にしました。

今回は、 LMDE2(Linux Mint Debian Edition 2) のデスクトップ環境にインストールする方法についての記録です。(Linux Mint にインストールした際と若干異なる部分があったし、本家 Web サイトにはソースからのビルドインストールについての説明しかないので)

0. 前提条件

  • LMDE2(Linux Mint Debian Edition 2) での作業を想定。
  • Apt パッケージの取り扱いは aptitudeapt-get コマンではなく apt コマンドで行っている。

1. ソースリストの作成

File: /etc/apt/sources.list.d/r.list

1
deb http://cran.ism.ac.jp/bin/linux/debian jessie-cran3/

(”/etc/apt/sources.list” に直接追記してもよい)

2. GPG 公開鍵の設定

$ sudo apt-key adv --keyserver keys.gnupg.net --recv-key 381BA480

3. パッケージリストの更新

$ sudo apt update

4. R のインストール

$ sudo apt install r-base r-base-dev

5. R の起動(インストールの確認)

$ R

R version 3.3.1 (2016-06-21) -- "Bug in Your Hair"
Copyright (C) 2016 The R Foundation for Statistical Computing
Platform: x86_64-pc-linux-gnu (64-bit)

R は、自由なソフトウェアであり、「完全に無保証」です。
一定の条件に従えば、自由にこれを再配布することができます。
配布条件の詳細に関しては、'license()' あるいは 'licence()' と入力してください。

R は多くの貢献者による共同プロジェクトです。
詳しくは 'contributors()' と入力してください。
また、R や R のパッケージを出版物で引用する際の形式については
'citation()' と入力してください。

'demo()' と入力すればデモをみることができます。
'help()' とすればオンラインヘルプが出ます。
'help.start()' で HTML ブラウザによるヘルプがみられます。
'q()' と入力すれば R を終了します。

>

6. 動作確認

> demo(persp)

Enter キーで次から次へと表示される。

R_DEMO

また、以下のようにスクリプトを記述すると、


> x <- seq(-10, 10, length= 50);   y <- x
> f <- function(x, y) { r <- sqrt(x^2+y^2); 10 * sin(r)/r }
> z <- outer(x, y, f);
> persp(x, y, z, theta=30, phi=30, expand=0.5, ltheta=100, shade=0.5)
> persp(x, y, z, theta = 30, phi = 30, expand = 0.5, col = rainbow(50), border=NA)

次のような画像が出力される。

R_DEMO_2

終了は

> q()

7. 参考サイト


以上。

 

Sponsored Link

 

コメントする