Linux Mint - R インストール!

更新日時:


Redhat 系ディストリビューションでの R(統計解析向けプログラミング言語)のインストール方法は、以前記録していました。

GNU 系ディストリビューションでの R のインストール方法について記録を残していなかったので、記録しておきます。

0. 前提条件

  • Linux Mint 14 Nadia (64bit) での作業を想定しているが、GNU 系ディストリビューション(Debian, Ubuntu 等)も同様だと思われる。

1. sources.list 編集

デフォルトでは apt でインストールできない。パッケージのダウンロード元を追加する設定が必要。
当記事執筆時点、日本国内に3つのミラーサイトがあるので、好みのサイトを sources.list で指定する。
(以下の3つのうちどれか1つ)

File: /etc/apt/sources.list

1
2
3
deb http://essrc.hyogo-u.ac.jp/cran/bin/linux/ubuntu quantal/
deb http://cran.md.tsukuba.ac.jp/bin/linux/ubuntu quantal/
deb http://cran.ism.ac.jp/bin/linux/ubuntu quantal/

quantal は Linux Mint 14 が Ubuntu 12.10 ベースだから。 10.04 なら lucid、12.04 なら precise というようになる。

2. GPG 公開鍵設定

$ gpg --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv-key E084DAB9
$ gpg -a --export E084DAB9 | sudo apt-key add -

3. apt パッケージリスト更新

前述で指定したダウンロード元を有効化するため、apt パッケージリストを更新する。

$ sudo apt-get update

4. R インストール

以下のようにして、R をインストールする。
(Synaptic パッケージマネージャでインストールすることも可能)

$ sudo apt-get install r-base

5. R 起動

インストールできているか R を起動してみる。
(メニューの [グラフィックス] - [R] を起動してもよい)

$ R

R version 2.15.3 (2013-03-01) -- "Security Blanket"
Copyright (C) 2013 The R Foundation for Statistical Computing
ISBN 3-900051-07-0
Platform: x86_64-pc-linux-gnu (64-bit)

Rは、自由なソフトウェアであり、「完全に無保証」です。 
一定の条件に従えば、自由にこれを再配布することができます。 
配布条件の詳細に関しては、'license()'あるいは'licence()'と入力してください。 

Rは多くの貢献者による共同プロジェクトです。 
詳しくは'contributors()'と入力してください。 
また、RやRのパッケージを出版物で引用する際の形式については 
'citation()'と入力してください。 

'demo()'と入力すればデモをみることができます。 
'help()'とすればオンラインヘルプが出ます。 
'help.start()'でHTMLブラウザによるヘルプがみられます。 
'q()'と入力すればRを終了します。 

> 

6. R 動作確認

デモを動かしてみる。

> demo(persp)

Enter キーで次から次へと表示される。

R_DEMO

7. 参考サイト


やはり、綺麗なグラフを作成するには必須のツールです。

以上。

 

Sponsored Link

 

コメントする