RMagick - Fontconfig warning 対策!

更新日時:


RMagick 2.15.4 (ImageMagick 画像処理ライブラリ等を Ruby から呼び出せるようにできるインターフェースの機能を持った RubyGems ライブラリ)を利用した自作の Ruby スクリプトを実行した際に警告メッセージが出力されました。

以下、現象・原因・対策についての記録です。

0. 前提条件

  • LMDE2(Linux Mint Debian Edition 2)
  • Ruby 2.3.1-p112
  • RMagick 2.15.4

1. 現象

RMagick を利用した Ruby スクリプトを実行すると以下のような警告メッセージが出力される。

Fontconfig warning: "/etc/fonts/conf.d/69-language-selector-ja-jp.conf",
 line 126: Having multiple values in <test> isn't supported and may not work as expected
Fontconfig warning: "/etc/fonts/conf.d/69-language-selector-ja-jp.conf",
 line 126: Having multiple values in <test> isn't supported and may not work as expected

2. 原因

“/etc/fonts/conf.d/69-language-selector-ja-jp.conf” の126行までの <test> タグ内に <string> タグが連続して記述されている。

File: /etc/fonts/conf.d/69-language-selector-ja-jp.conf

1
2
3
4
5
6
7
        <test name="family" compare="contains">
            <string>IPA Pゴシック</string>
            <string>IPA P明朝</string>
            ...
            ...
            ...
        </test>

3. 対策

<string> タグそれぞれを <test> タグで囲むように編集する。

File: /etc/fonts/conf.d/69-language-selector-ja-jp.conf

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
        <test name="family" compare="contains">
            <string>IPA Pゴシック</string>
        </test>
        <test name="family" compare="contains">
            <string>IPA P明朝</string>
        </test>
            ...
            ...
            ...
        </test>

4. 確認

再度、目的の Ruby スクリプトを実行して、警告メッセージが出力されなくなったことを確認する。


この現象は、当方のデスクトップ環境をこれまで使用していた Ubuntu 派生の Linux Mint から Debian 派生の LMDE2 に変更したからでしょうかね。

以上。

 

Sponsored Link

 

コメントする