mk-mode BLOG

このブログは自作の自宅サーバに構築した Debian GNU/Linux で運用しています。
PC・サーバ構築等の話題を中心に公開しております。(クローンサイト: GitHub Pages

ブログ開設日2009-01-05
サーバ連続稼働時間
Reading...
Page View 合計
Reading...
今日
Reading...
昨日
Reading...

LMDE2 - NetworkManager を使用しないネットワーク設定!

[ pc_tips ] [ LMDE2, LinuxMint ]

こんばんは。

通常、 LMDE2 (Linux Mint Debian Edition 2) をインストールすると、 NetworkManager もデフォルトで起動するようになっているはずです。(他の Linux ディストリビューションの GUI 環境も同様のはず)

サーバ用途で使用したい場合など、 NetworkManager でなく /etc/network/interfaces でネットワーク設定したいことがあると思います。

以下、その方法についての記録です。

0. 前提条件

  • LMDE2 (Linux Mint Debian Edition 2; 64bit) での作業を想定。

1. 設定ファイルの編集

これまでずっと NetworkManager で管理していた場合は “/etc/network/interfaces” ファイルに詳細な設定が記述されてないはずなので、以下のように記述を追加する。(以下は一例)

/etc/network/interfaces
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
# interfaces(5) file used by ifup(8) and ifdown(8)
# Include files from /etc/network/interfaces.d:
source-directory /etc/network/interfaces.d

# ==========
# 以下を追加
# ==========

# The loopback network interface
auto lo
iface lo inet loopback

# The primary network interface
auto eth0

iface eth0 inet static
    address         192.168.1.3    # マシンのIPアドレス
    network         192.168.1.0    # ネットワークアドレス
    netmask         255.255.255.0  # ネットマスク
    broadcast       192.168.1.255  # ブロードキャストアドレス
    gateway         192.168.1.1    # ゲートウェイ(通常、ルータのIPアドレス)
    dns-nameservers 192.168.1.2    # DNS サーバの IP アドレス(手前にDNSサーバがなければルータのIPアドレス)
    dns-search      foo-bar.com    # DNS 検索(1個だけなら dns-domain でもよい)
    mtu             1454           # MTU 値(必要であれば)

IPv6 を使用しないのであれば、 “/etc/sysctl.conf” に以下の記述を追加する。

/etc/sysctl.conf
1
net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1  # <= 最終行に追加

2. NetworkManager の停止

1
$ sudo service network-manager stop

3. NetworkManager 自動起動の停止

1
$ sudo update-rc.d -f network-manager remove

4. ネットワークの起動

1
$ sudo service networking start

起動時に以下のようなエラーになる場合は、

1
2
3
Configuring network interfaces...RTNETLINK answers: File exists
Failed to bring up eth0.
done.

一旦、以下を実行してから、再度ネットワークの起動を試みる。

1
$ sudo ip addr flush dev eth0

さらに、起動時に以下のような警告が出力される場合は、

1
2
Configuring network interfaces.../etc/resolvconf/update.d/libc: Warning: /etc/resolv.conf is not a symbolic link to /etc/resolvconf/run/resolv.conf
done.

シンボリックリンクが指定のものと異なることが原因なので、以下を実行してから、再度ネットワークの起動を試みる。(当方は、 /run/resolvconf/resolv.conf にリンクが張られていた)

1
2
3
$ sudo rm -f /etc/resolv.conf
$ sudo ln -s /etc/resolvconf/run/resolv.conf /etc/resolv.conf
$ sudo resolvconf -u

5. タスクアイコンの非表示

NetworkManager を起動しなくしても、 NetworkManager アプレットがタスクアイコンを表示してしまうので、「自動起動するアプリの設定」で「ネットワーク(ネットワーク接続を管理)」のチェックを外す。

これで、次回システム起動(ログイン)時からタスクアイコンも表示されなくなる。(すぐに非表示にしたければ、 nm-applet プロセスを KILL すればよい)

6. 確認

ifconfig コマンド(もしくは ip a)で確認してみる。
その他、正常に通信できるか確認してみる。(ping してみたり、 Web ブラウザでページを表示してみたり)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
$ ifconfig
eth0      Link encap:イーサネット  ハードウェアアドレス 00:23:54:7f:20:31
          inetアドレス:192.168.1.3 ブロードキャスト:192.168.1.255  マスク:255.255.255.0
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1454  メトリック:1
          RXパケット:382933 エラー:0 損失:0 オーバラン:0 フレーム:0
          TXパケット:379079 エラー:0 損失:0 オーバラン:0 キャリア:0
      衝突(Collisions):0 TXキュー長:1000
          RXバイト:41541136 (39.6 MiB)  TXバイト:26349142 (25.1 MiB)
          割り込み:17

lo        Link encap:ローカルループバック
          inetアドレス:127.0.0.1 マスク:255.0.0.0
          UP LOOPBACK RUNNING  MTU:65536  メトリック:1
          RXパケット:4368 エラー:0 損失:0 オーバラン:0 フレーム:0
          TXパケット:4368 エラー:0 損失:0 オーバラン:0 キャリア:0
      衝突(Collisions):0 TXキュー長:0
          RXバイト:365949 (357.3 KiB)  TXバイト:365949 (357.3 KiB)

以上。

Comments