mk-mode BLOG

このブログは自作の自宅サーバに構築した Debian GNU/Linux で運用しています。
PC・サーバ構築等の話題を中心に公開しております。(クローンサイト: GitHub Pages

ブログ開設日2009-01-05
サーバ連続稼働時間
Reading...
Page View 合計
Reading...
今日
Reading...
昨日
Reading...

Linux - システム稼働開始日時取得(uptime 使用)!

[ pc_tips ] [ Linux ]

こんばんは。

以前、 btime からシステム稼働開始日時を取得する方法を紹介しました。

今回は uptime から取得する方法についての記録です。

【2017-06-16 追記】
Debian であれば、以下のようにわざわざ計算しなくとも、 uptime -s で容易に取得できる。
【追記ここまで】

0. 前提条件

  • CentOS 6.8(32bit) での作業を想定。

1. 事前確認

“/proc/uptime” に「システムが起動してから経過した合計秒数」と「各コアがアイドル状態で経過した合計時間の秒数」が記録されているので、それを確認してみる。。

1
2
$ cat /proc/uptime
20400382.35 1448976.68

2. コマンド実行例

1
2
$ date +"%Y-%m-%d %I:%M:%S" --date=@$(expr `date +%s` - `cut -d "." -f 1 /proc/uptime`)
2016-01-24 08:39:40
  • +"%Y-%m-%d %H:%M:%S" は、結果出力の書式。
  • date +%s は、現在時刻の UNIX 時間。
  • cut -d "." -f 1 /proc/uptime は、 “/proc/uptime” を “.” で区切ってその1つ目を抽出。(1秒未満を切り捨て)
  • expr A - B は、 A - B の計算。
  • --date=@... は、日付を UNIX 時間で指定。
  • $(....) は、コマンド置換。 `...` と同じ意味だが、 `...` はネストできないので。

3. 参考サイト


システム起動日時(Unix 時間)が直接取得できた “/proc/stat” の btime とは異なり、 “/proc/uptime” では現在日時との差を計算しなければなりませんが、取得できる日時は btime と同じく正確(誤差1秒未満の精度)です。

以上。

Comments