Ruby - 逆行列の計算(余因子行列を使用)!

更新日時:


前回、 Ruby で余因子展開による行列式の計算を行いましたが、今回は、それを応用して、逆行列の計算を行ってみました。

0. 前提条件

  • Debian GNU/Linux 10.3 buster (64bit) での作業を想定。
  • Ruby 2.7.0 での作業を想定。

1. 行列式の余因子展開について

次正方行列 から第 行と第 列の成分をすべて取り除いて得られる 次行列の行列式に、 を掛けたものを 余因子 といい、 で表す。すなわち、

そして、次の定理が成り立つ。(証明略)

【定理】 次正方行列 に対して、

(2)を行列式 |A| の 行についての 余因子展開、(3)を行列式 |A| の 列についての 余因子展開 という。(余因子展開は、ラプラス展開や単に展開と呼ばれることもある)

2. 余因子行列と逆行列について

次正方行列 に対して、 の余因子 成分とするような行列を 余因子行列 といい、 で表す。すなわち、

そして、次の定理が成り立つ。(証明略)

【定理】 次正方行列 の逆行列は次式で求められる。

3. Ruby スクリプトの作成

  • Array クラスを拡張する形で実装。
  • 3行3列以下の行列の行列式については Sarrus による計算。
    4行4列以上の行列の行列式については余因子展開(ラプラス展開)による計算。
  • 行列式の計算方法
    1. 1行ずつチェックしながら生成する方法。
    2. 引数で与えた行列(配列)を一旦いわゆる「深いコピー」で複製してから、 i 行と j 列を削除する方法。
  • Shebang ストリング(1行目)では、フルパスでコマンド指定している。(当方の慣習

File: test_inverse_matrix.rb

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
101
102
103
104
105
106
107
108
109
110
111
112
113
114
115
116
117
118
119
120
121
122
123
124
125
126
127
128
129
130
131
132
133
134
135
136
137
138
139
140
141
142
143
144
145
146
147
148
149
150
151
152
#! /usr/local/bin/ruby
#***************************************************************
# Ruby script to calculate an inverse matrix by cofactor matrix.
#***************************************************************
#
class TestInverseMatrix
  #MTX = [
  #  [2]
  #]
  #MTX = [
  #  [1, 2],
  #  [3, 4],
  #]
  #MTX = [
  #  [1, 4, 7],
  #  [8, 5, 2],
  #  [3, 9, 6]
  #]
  #MTX = [
  #  [1, 3, 5, 7],
  #  [4, 2, 8, 6],
  #  [9, 3, 7, 5],
  #  [4, 0, 6, 8]
  #]
  MTX = [
    [1, 3, 5, 7, 9],
    [4, 2, 8, 6, 0],
    [9, 3, 7, 5, 1],
    [4, 0, 6, 8, 2],
    [3, 6, 9, 2, 5]
  ]

  def exec
    puts "Matrix A ="
    MTX.each { |row| p row }
    puts "det(A) = #{MTX.det}"
    puts "Cofactor Matrix of A ="
    MTX.cofactor_matrix.each { |row| p row }
    puts "Inverse Matrix of A ="
    MTX.inverse_matrix.each { |row| p row }
  rescue => e
    $stderr.puts "[#{e.class}] #{e.message}"
    e.backtrace.each { |tr| $stderr.puts "\t#{trace}" }
    exit 1
  end
end

class Array
  # 行列式の計算
  # * 当メソッドは再帰的に呼ばれる
  def det
    # 以下の場合は例外スロー
    # - 自身配列が Array クラスでない
    # - 自身配列が空
    # - 自身配列が正方行列でない
    raise "Self is not a Array class!"         unless self.class == Array
    raise "Self array is nil!"                 if self.size == 0
    raise "Self array is not a square matrix!" unless self.size == self[0].size
    m = self
    n = m.size
    # 3行3列以下の行列の場合、
    # => Sarrus による計算
    case n
    when 1; return m[0][0]
    when 2; return m[0][0] * m[1][1] \
                 - m[0][1] * m[1][0]
    when 3; return m[0][0] * m[1][1] * m[2][2] \
                 + m[0][1] * m[1][2] * m[2][0] \
                 + m[0][2] * m[1][0] * m[2][1] \
                 - m[0][0] * m[1][2] * m[2][1] \
                 - m[0][1] * m[1][0] * m[2][2] \
                 - m[0][2] * m[1][1] * m[2][0]
    end
    # 4行4列以上の行列の場合、
    # => 第1行についての余因子展開(ラプラス展開)による計算
    return n.times.map { |j| m[0][j] * cofactor(m, 0, j) }.sum
  end

  # 余因子行列の計算
  def cofactor_matrix
    # 以下の場合は例外スロー
    # - 自身配列が Array クラスでない
    # - 自身配列が空
    # - 自身配列が正方行列でない
    # - 自身配列のサイズが1x1の場合
    raise "Self is not a Array class!"           unless self.class == Array
    raise "Self array is nil!"                   if self.size == 0
    raise "Self array is not a square matrix!"   unless self.size == self[0].size
    raise "Can not calculate a cofactor matrix!" if self.size == 1
    m = self
    n = m.size
    return n.times.map do |i|
      n.times.map { |j| cofactor(m, i, j) }
    end.transpose
  end

  # 逆行列の計算
  # * 内部で余因子行列の計算も行っている
  def inverse_matrix
    # 以下の場合は例外スロー
    # - 自身配列が Array クラスでない
    # - 自身配列が空
    # - 自身配列が正方行列でない
    raise "Self is not a Array class!"         unless self.class == Array
    raise "Self array is nil!"                 if self.size == 0
    raise "Self array is not a square matrix!" unless self.size == self[0].size
    m = self
    return [[1.0 / m[0][0]]] if m.size == 1
    d = m.det
    return m.cofactor_matrix.map do |row|
      row.map { |col| col / d.to_f }
    end
  end

private
  # 余因子(正方行列 A の (i, j) に対する)
  # [方法-1] 1行ずつチェックしながら生成する方法
  # [方法-2] 引数で与えた行列(配列)を一旦いわゆる「深いコピー」で
  #          複製してから、 i 行と j 列を削除する方法
  #
  # @param   m: 行列配列
  # @param   i: 行インデックス
  # @param   j: 列インデックス
  # @return m2: 余因子
  def cofactor(m, i, j)
    # ====[ 方法-1 ]==>
    #m2 = []
    #n = m.size
    #n.times do |k|
    #  next if k == i
    #  row = []
    #  n.times do |l|
    #    next if l == j
    #    row << m[k][l]
    #  end
    #  m2 << row
    #end
    # <===[ 方法-1 ]===
    # ====[ 方法-2 ]==>
    m2 = Marshal.load(Marshal.dump(m))
    m2.delete_at(i)
    m2 = m2.transpose
    m2.delete_at(j)
    m2 = m2.transpose
    # <===[ 方法-2 ]===
    return (-1)**(i+j) * m2.det
  rescue => e
    raise
  end
end

TestInverseMatrix.new.exec if __FILE__ == $0

4. Ruby スクリプトの実行

まず、実行権限を付与。

$ sudo chmod +x test_inverse_matrix.rb

そして、実行。

$ ./test_inverse_matrix.rb
Matrix A =
[1, 3, 5, 7, 9]
[4, 2, 8, 6, 0]
[9, 3, 7, 5, 1]
[4, 0, 6, 8, 2]
[3, 6, 9, 2, 5]
det(A) = 2320
Cofactor Matrix of A =
[-192, -600, 336, 376, 128]
[1208, 2180, 496, -2704, -1192]
[-752, -900, -424, 1376, 888]
[728, 1260, 176, -1184, -872]
[-272, -1140, -104, 1016, 568]
Inverse Matrix of A =
[-0.08275862068965517, -0.25862068965517243, 0.14482758620689656, 0.16206896551724137, 0.05517241379310345]
[0.5206896551724138, 0.9396551724137931, 0.21379310344827587, -1.1655172413793105, -0.5137931034482759]
[-0.32413793103448274, -0.3879310344827586, -0.18275862068965518, 0.593103448275862, 0.38275862068965516]
[0.3137931034482759, 0.5431034482758621, 0.07586206896551724, -0.5103448275862069, -0.3758620689655172]
[-0.11724137931034483, -0.49137931034482757, -0.04482758620689655, 0.4379310344827586, 0.24482758620689654]

以上。

 

Sponsored Link

 

コメントする