Image Magick - 画像に透かし文字(watermark)を追加

更新日時:


過去に Image Magick で既存画像に文字を追加する方法を紹介しました。

今回は、少し異なった方法で透かし文字(watermark)を追加する方法を紹介します。

0. 前提条件

  • Debian GNU/Linux 9.9, LMDE 3 (Linux Mint Debian Edition 3; 64bit) での作業を想定。
  • Image Magick 6.9.7 での作業を想定。(Image Magick 7 系では、コマンドの使い方に異なる部分があるので注意)
  • 元の画像は PNG でも JPEG でもよい。(他フォーマットについては確認していない)

1. Bash スクリプトの作成

(以下、当方が普段使用している Bash スクリプト)

  • 透かし文字だけの透過画像を作成し、コマンドライン引数で指定した既存の画像に上書きする方法。
  • 文字列、透過画像やフォントのサイズは固定で指定している。必要であれば、調整すること。
    (当スクリプトはフレキシブルに対応できるものではないので)
  • 透過画像のサイズより小さい画像を指定するとはみ出るので、要調整。
    (当スクリプトはフレキシブルに対応できるものではないので)
  • 生成後の画像はファイル名の最後に .wm を付与するようにしている。

File: write_watermark.sh

#!/bin/bash

TXT="©2019 mk-mode.com"

convert -size 340x50 xc:black -font Courier-Bold -pointsize 32 -gravity center \
        -draw "fill black  text 0,0  '$TXT'" \
        stamp_fgnd.png
convert -size 340x50 xc:black -font Courier-Bold -pointsize 32 -gravity center \
        -draw "fill white  text  1,1  '$TXT'  \
                           text  0,0  '$TXT'  \
               fill black  text -1,-1 '$TXT'" \
        +matte stamp_mask.png
composite -compose CopyOpacity  stamp_mask.png  stamp_fgnd.png  stamp.png
mogrify -trim +repage stamp.png

composite -gravity southeast -geometry +10+8 stamp.png $1 $1.wm

2. Bash スクリプトの実行

元画像のパスをコマンドライン引数に指定して実行する。

$ ./write_watermark.sh /path/to/image.png

成功すれば、元画像と同じディレクトリ内に image.png.wm という画像ファイルが作成されるはず。

3. 画像の確認

元画像と同じディレクトリ内の image.png.wm という画像ファイルを確認してみる。

IM_WATERMARK


以上。

 

Sponsored Link

 

コメントする