Linux - rtcwake で指定時刻に自動復帰!

更新日時:


rtcwake コマンドで、電源オフ/休止/サスペンド状態から指定時刻/指定時間後に自動で復帰させる方法についての記録です。

0. 前提条件

  • LMDE (Linux Mint Debian Edition 2; 64bit) での作業を想定。
  • /usr/sbin/rtcwake が存在していること。

1. 指定時刻に自動復帰するよう電源オフ/休止/サスペンド

$ sudo rtcwake -m off -t $(date +%s -d "2018-08-01 07:00:00")
$ sudo rtcwake -m disk -t $(date +%s -d "2018-08-01 07:00:00")
$ sudo rtcwake -m mem -t $(date +%s -d "2018-08-01 07:00:00")

ハードウェアクロックがローカル時刻に設定されている場合、

$ sudo rtcwake -m off -l -t $(date +%s -d "2018-08-01 07:00:00")
$ sudo rtcwake -m disk -l -t $(date +%s -d "2018-08-01 07:00:00")
$ sudo rtcwake -m mem -l -t $(date +%s -d "2018-08-01 07:00:00")

のように -l オプションを使用する。
そうでない場合に -l オプションを使用すると、指定時刻の9時間後になる。

2. 指定時間後に自動復帰するよう電源オフ/休止/サスペンド

$ sudo rtcwake -m off -s 1800
$ sudo rtcwake -m disk -s 1800
$ sudo rtcwake -m mem -s 1800

3. 注意

  • 「サスペンド」とは、 ACPI ステータス S3 のこと。
    「スタンバイ(ACPI ステータス S1)」なら、 -m standby を使用する。

4. その他

その他オプションや詳細夏仕様方法等については、 rtcwake --helpman rtcwake 等で確認する。


以上。

タグ:

カテゴリー:

更新日時:


 

Sponsored Link

 

コメントする