CentOS 7.0 - サーバ監視ツール Munin 導入!

更新日時:


「CentOS 7.0 - サーバ監視ツール Munin 導入」についての記録です。

(旧バージョンでの作業記録を更新しました。興味がなければスルーしてください)

0. 前提条件

  • CentOS 7.0-1406(x86_64) を NetInstall で最小限インストールしている。
  • サーバ用途なので、作業は基本的に全て一般ユーザから root になって行う。
  • クライアント側は Linux Mint 17 を想定。
  • EPEL リポジトリ導入済み。(CentOS 7.0 - リポジトリ追加
  • 閲覧に使用する Web(HTTP) サーバは Nginx を想定。
  • ローカルネットワークは “192.168.11.0/24” を想定。

1. munin マスタ・ノードのインストール

ベースリポジトリには存在しないので、EPEL リポジトリからインストールされる。

# yum -y install munin

2. 設定ファイル編集

File: /etc/munin/munin.conf

1
2
3
4
dbdir   /var/lib/munin            # <= コメント解除
htmldir /var/www/munin            # <= コメント解除&変更
logdir  /var/log/munin             # <= コメント解除
rundir  /var/run/munin            # <= コメント解除

3. フォルダ移動

# mv /var/www/html/munin /var/www/

4. フォルダ権限設定

# chown -R munin:munin /var/www/munin/

5. Nginx 設定ファイル編集

Nginx 設定ファイルの “server” ディレクティブ内に以下のような記述を追加する。

File: /usr/local/nginx/conf/nginx.conf

1
2
3
4
5
6
7
    location /munin {
        alias /var/www/munin;
        index index.html index.htm index;
        allow 127.0.0.1;
        allow 192.168.11.0/24;
        deny  all;
    }

ちなみに、HTTP サーバが Apache の場合は、以下のように httpd 用設定ファイルを作成する。

File: /etc/httpd/conf.d/munin.conf

1
2
ScriptAlias /munin/cgi/ /var/www/munin/cgi/
Alias /munin/ /var/www/munin/

6. Web サーバ再起動

以下は Nginx の場合。

# systemctl restart nginx

7. munin-node 起動

# systemctl start munin-node

8. munin-node 自動実行設定

# systemctl enable munin-node
ln -s '/usr/lib/systemd/system/munin-node.service' '/etc/systemd/system/multi-user.target.wants/munin-node.service'
# systemctl list-unit-files -t service | grep munin-node
munin-node.service                          enabled  # <= enabled であることを確認

9. 動作確認

ブラウザから http://<サーバ名orIPアドレス>/munin にアクセスして正常に表示されることを確認する。
また 5 分間隔で更新されることも確認する。

CENTOS_7-0_MUNIN_1

以下は、実運用中(CentOS 6.5)サーバでの表示例。(グラフが描画されていて分かりやすいので)

CENTOS_7-0_MUNIN_2


以上。

 

Sponsored Link

 

コメントする