Debian 7 Wheezy - BIND の chroot 化!

更新日時:


Debian GNU/Linux 7.1.0 に 構築した DNS サーバ BIND を chroot 化する方法についての記録です。

以前古いバージョンでの作業時に残していた記録を参考に作業を行い、今回更新した作業記録を貼付する形式の内容となっています。

ちなみに、「BIND の chroot 化」とは、仮に BIND に脆弱性があった場合に root 権限を奪われては困るので、BIND のルートディレクトリを別のディレクトリに設定することです。

0. 前提条件

  • 構築先は Debian GNU/Linux 7.1.0 を想定。
  • DNS サーバ BIND が構築済みであることを想定。
  • chroot ディレクトリは /var/bind9/chroot/ とする。

1. BIND 停止

BIND が起動していると設定に失敗するので、BIND が起動している場合は停止する。

# /etc/init.d/bind9 stop

2. 起動オプション編集

起動時のオプションを変更するよう “/etc/default/bind9” を編集する。

File: /etc/default/bind9

1
2
3
 
#OPTIONS="-u bind -4"
OPTIONS="-u bind -4 -t /var/bind9/chroot"

3. ディレクトリ作成

chroot 用ディレクトリを作成する。

# mkdir -p /var/bind9/chroot/{etc,dev,var/cache/bind,var/run/named}

4. スペシャルファイル作成

chroot 化に必要なスペシャルファイルを作成し、パーミッションを変更する。

# mknod /var/bind9/chroot/dev/null c 1 3
# mknod /var/bind9/chroot/dev/random c 1 8
# chmod 660 /var/bind9/chroot/dev/{null,random}

5. ディレクトリ移動

元々の BIND ディレクトリを chroot 用ディレクトリへ移動する。

# mv /etc/bind /var/bind9/chroot/etc

6. シンボリックリンク作成

BIND を chroot 用ディレクトリにリンクするようシンボリックリンクを設定する。

# ln -s /var/bind9/chroot/etc/bind /etc/bind

7. 所有者・グループ・パーミッション変更

所有者・グループ・パーミッションを変更する。

# chown -R bind:bind /etc/bind/*
# chmod 775 /var/bind9/chroot/var/{cache/bind,run/named}
# chgrp bind /var/bind9/chroot/var/{cache/bind,run/named}

8. 起動スクリプト編集

起動スクリプト “/etc/init.d/bind9” 内の PID ファイルのパスを変更する。

File: /etc/init.d/bind9

1
2
 
PIDFILE=/var/bind9/chroot/var/run/named/named.pid

9. システムログ設定

rsyslog にログを出力するよう設定を編集する。

# echo "\$AddUnixListenSocket /var/bind9/chroot/dev/log" > /etc/rsyslog.d/bind-chroot.conf

10. syslogd 再起動

システムログ設定を編集したので、syslogd を再起動する。

# /etc/init.d/rsyslog restart

11. BIND 起動

停止していた BIND を起動する。

# /etc/init.d/bind9 start

参考サイト


以上。

 

Sponsored Link

 

コメントする