Scientific Linux - Flash Player で画面が青みがかる場合!

更新日時:


Scientific Linux のデスクトップ環境 GNOME で、ブラウザで Flash コンテンツを視聴すると、画面が青みがかる現象が発生しました。

どうやら、NVIDIA のビデオカードを使用していると発生するようで、RGB の青と赤が逆になるバグのようです。 (使用するドライバによっては発生しない?)

以下、解決策です。

作業記録

0. 前提条件

  • 作業環境は Scientific Linux 6.3(64) Gnome を想定。 (CentOS + Gnome 環境でも同じ。おそらく KDE 等も同じでしょう。)
  • マシンに搭載されているビデオカードは、EN9600GT/HTDI/512M/R3
  • Flash Player は こちら の手順でインストールした。

1. mms.cfg ファイルの作成

/etc/adobe/mms.cfg というファイルを作成すればよいようです。

# mkdir /etc/adobe
# echo -e "EnableLinuxHWVideoDecode=1\nOverrideGPUValidation=true" | tee /etc/adobe/mms.cfg > /dev/null

2. 確認

ブラウザを再起動して Flash コンテンツを視聴してみる。 動画の青みが取れて正常な色合いになりました。

参考サイト

OS が Ubuntu のケースですが以下を参考にさせてもらいました。

  • YouTubeが青に染まった方へ。|Ubuntuと歩く
  • [Ubuntu 12.04 LTS を導入したらまずやることまとめ Libre Free Gratis! Libre Free Gratis!](http://lfg-net.com/linux/ubuntu/ubuntu-12-04-lts-settings/ “Ubuntu 12.04 LTS を導入したらまずやることまとめ Libre Free Gratis! Libre Free Gratis!”)

ブラウザで動画を視聴した時に青みがかっていたのは、最初は投稿者の演出かと思っていたが、見る動画がどれも青みがかっていたので、不思議に思った次第です。

ちなみに、Firefox と Google Chrome で確認しましたが、どちらかは正常でした。 (著作権に関わるのでスクリーンショットは公開できない、と思い撮っていませんでした)

以上。

 

Sponsored Link

 

コメントする