Linux - HDD 不良セクタのチェック等!

更新日時:


Linux で、 HDD の不良セクタのチェック等を行う方法についての記録です。

0. 前提条件

  • e2fsck コマンドを実行する際には作業対象のパーティションがアンマウントの状態でなければならない。
    インストールCDからシングルユーザ(セーフ、レスキュー)モードで起動し、マウントされていない状態で作業を行うこと。

1. HDD の調査

マシンに装備されている HDD(ストレージ)を確認しておく。

$ sudo fdisk -l

2. HDD モデルの調査

マシンに装備されている HDD(ストレージ)のモデルを確認しておく。

$ sudo hdparm -i /dev/sda7 | fgrep Model

3. 不良セクタの調査

$ sudo badblocks -sv /dev/sda7 -o /tmp/badblocks.txt /dev/sda7
  • 不良セクタがあった場合は -o で指定したファイルに出力される。

4. 不良セクタのマーキング

$ sudo e2fsck -l /tmp/badblocks.txt /dev/sda7
  • マーキングされたブロックは、システムにより無視されるようになる。

以上。

タグ:

カテゴリー:

更新日時:


 

Sponsored Link

 

コメントする