Debian 9 Stretch - Python 3.6 インストール(ソースビルド)!

更新日時:


Debian GNU/Linux 9 Stretch に Python 3.6 をソースをビルドしてインストールする方法についての記録です。

以前古いバージョンでの作業時に残していた記録を参考に作業を行い、今回更新した作業記録を貼付する形式の内容となっています。
(当然ながら、興味がなければスルーしてください)

0. 前提条件

  • Debian GNU/Linux 9 (Stretch) での作業を想定。
  • クライアント側は LMDE2(Linux Mint Debian Edition 2)(64bit) を想定。
  • デフォルトでインストールされている Python 2.7.13, 3.5.3 はアンインストールせず、Python 3.6.3 をインストールし、 2.7.13 や 3.5.3 と共存させる。
    python, python3.5, python3.6 コマンドで使い分ける)
  • 「デフォルトでインストールされている Python をアンインストールすることはサーバ管理上悪影響を与えるので危険である」ということを理解しておく。

1. Python のバージョン確認

インストール済み(現状)の Python のバージョンを確認してみる。

# python -V
Python 2.7.13

# python3.5 -V
Python 3.5.3
  • --version オプションでもよい。
  • pythonpython2 でもよい。 (python2python にシンボリックリンクが張られているので)
  • python3.5python3 でもよい。 (python3python3.5 にシンボリックリンクが張られているので)

2. 必要パッケージのインストール

# apt install -y zlib1g-dev libssl-dev libreadline-dev \
libsqlite3-dev libbz2-dev libncurses5-dev libgdbm-dev liblzma-dev \
tk-dev zlibc

更に必要なものがある場合、make 後に出力されるメッセージで確認可能。(再度 make する必要があるが)
(開発に不要なものなら無視してもよいだろう)

3. アーカイブのダウンロード&展開

こちら から最新安定版(当記事執筆時点では 3.6.3)のアーカイブ(今回は tgz 版)をダウンロード・展開する。

# cd /usr/local/src
# wget https://www.python.org/ftp/python/3.6.3/Python-3.6.3.tgz
# tar zxvf Python-3.6.3.tgz

4. ビルド&インストール

インストールを指定するなら、 configure オプションで --prefix を使用する。(例:./configure --prefix=/usr/local/python-3.6
また、あらゆるサイト等で紹介されている --enable-shared のオプションは、メリットがない(むしろ問題点がある)ので使用しない。

# cd  Python-3.6.3
# ./configure
# make
# make altinstall

make install だと既存の python3 を破壊してしまうかもしれないため、 make altinstallpython3.6 のみ生成するようにしている。

もし、ビルドソースに問題がないか等をテストしたければ、 make のあとで make test でチェックしてみるとよい。

5. 環境変数 PATH の設定

インストール先をデフォルト以外の場所にした場合、パスを通すために /etc/profile に以下のような記述を追加する。

File: /etc/profile

1
2
PATH=/usr/local/python-3.6/bin:$PATH
export PATH

そして、即時有効化。(再ログインでも可)

# source /etc/profile

root ユーザではなく一般ユーザに設定するなら “~/.bash_profile” に設定する。

もしくは、以下のようにシンボリックリンクを貼る方法でもよいだろう。

# ln -s /usr/local/python-3.6/bin/python3.6 /usr/local/bin/python3.6

6. pip の更新

念の為、 pip を最新版に更新しておく。

# pip3.6 install --upgrade pip
Requirement already up-to-date: pip in /usr/local/lib/python3.6/site-packages

7. pip.conf の作成

# pip3.6 list

を実行した際に、

DEPRECATION: The default format will switch to columns in the future. 
You can use --format=(legacy|columns) (or define a format=(legacy|columns) 
in your pip.conf under the [list] section) to disable this warning.

と非推奨の警告が出力されるので、以下の内容で “pip.conf” を作成する。(全ユーザ共通で設定したい場合)

File: /etc/pip.conf

1
2
[list]
format=columns
  • columnslegacy でもよい。(自分の好みに合わせる)
  • ユーザ別に設定したい場合、ファイルは $HOME/.config/pip/pip.conf

8 インストールの確認

# python3.6 -V
Python 3.6.3

# pip3.6 -V
pip 9.0.1 from /usr/local/lib/python3.6/site-packages (python 3.6)

9. 動作確認

対話形式で確認してみる。(ユークリッドの互除法で再帰的に最大公約数を求めてみる)
(対話形式を終了するには CTRL-D

# python3.6
Python 3.6.4 (default, Dec 20 2017, 11:22:19)
[GCC 6.3.0 20170516] on linux
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>> def gcd(a, b):
...     if b == 0:
...         return a
...     else:
...         return gcd(b, a % b)
...
>>> print("TheGCD for (123, 45): {}".format(gcd(123, 45)))
TheGCD for (123, 45): 3
>>>

上記と同じことをファイルを作成して実行してみる。

File: gcd.py

1
2
3
4
5
6
7
def gcd(a, b):
    if b == 0:
        return a
    else:
        return gcd(b, a % b)

print("TheGCD for (123, 45): {}".format(gcd(123, 45)))
# python3.6 gcd.py
The GCD for (123, 45): 3

10. 参考サイト


以上

 

Sponsored Link

 

コメントする