Git - Linux Mint へソースビルドでインストール!

更新日時:


以前 Redhat 系 Linux へソースビルドでインストールする方法を記録していました。

(但し、 この方法より「Git - Git のインストール」に記載されている方法の方が良いと思う)

今回は Linux Mint へソースビルドでインストールす方法の備忘録です。

0. 前提条件

  • Linux Mint 17.1(64bit) での作業を想定。
  • apt パッケージでインストールしていた git はアンインストール済み。

1. 依存パッケージのインストール

$ apt-get install libcurl4-gnutls-dev libexpat1-dev \
gettext libz-dev libssl-dev

2. アーカイブファイルの取得

$ wget https://www.kernel.org/pub/software/scm/git/git-2.2.1.tar.gz
$ tar zxvf git-2.2.1.tar.gz

3. ビルド&インストール

$ cd git-2.2.1
$ make prefix=/usr/local all
$ sudo make prefix=/usr/local install

4. インストール確認

$ git --version
git version 2.2.1

その他、各種作業に問題がないことを確認しておく。
(git status, git add, git clone, git push, git pull etc.)

5. 参考サイト


これで、 apt パッケージでインストールできるバージョンに関係なく最新バージョンの Git が使用できるようになりました。

以上。

 

Sponsored Link

 

コメントする