CentOS 7.0 - メール自動返信機能 Vacation 導入!

更新日時:


「CentOS 7.0 - メール自動返信機能 Vacation 導入」についての記録です。

(旧バージョンでの作業記録を更新しました。興味がなければスルーしてください)

0. 前提条件

  • CentOS 7.0-1406(x86_64) を NetInstall で最小限インストールしている。
  • サーバ用途なので、作業は基本的に全て一般ユーザから root になって行う。
  • クライアント側は Linux Mint 17 を想定。
  • 送信メールサーバ Postfix、受信メールサーバ Dovecot 構築済みであること。
  • 主に「CentOSで自宅サーバー構築」を参照。

1. 必要パッケージインストール

Vacation のインストールに必要な gdbm-devel がインストールされていなれば、インストールしておく。

# yum -y install gdbm-devel

2. アーカイブファイルダウンロード&展開

# wget "http://downloads.sourceforge.net/project/vacation/vacation/1.2.7.1/vacation-1.2.7.1.tar.gz?r=http%3A%2F%2Fsourceforge.net%2Fprojects%2Fvacation%2Ffiles%2F&ts=1325220962&use_mirror=jaist" -O vacation-1.2.7.1.tar.gz
# tar zxvf vacation-1.2.7.1.tar.gz

3. Makefile 編集

インストール前に Makefile を編集する。

# cd vacation-1.2.7.1

File: Makefile

1
MANDIR          = $(PREFIX)/share/man/man  # <= 変更

4. Vacation インストール

# make install

5. 後始末

# cd
# rm -rf vacation-1.2.7.1
# rm -f vacation-1.2.7.1.tar.gz

6. メール自動返信設定

対象のユーザになって “.forward” を編集・権限設定する。

File: .forward

1
\\$USER, \"|/usr/bin/vacation $USER\"
$ chmod 600 .forward

7. 自動返信メール作成

自動返信するメールを以下のように作成する。

File: .vacation.msg.org

1
2
3
4
Subject: 自動返信メール件名
From: masaru@mk-mode.com

自動返信メール本文

8. 自動返信メール文字コード設定

作成した自動返信メールは JIS ではない(UTF) なので、文字化けしないよう変換しておく。

$ nkf -j .vacation.msg.org > .vacation.msg

9. 動作確認

対象のユーザ宛にメールを送信してみて、自動で返信されることを確認する。

10. メール自動返信設定解除

メール自動返信設定を解除する場合は、.forwardファイルを削除すればよい。

$ rm -f .forward

以上。

 

Sponsored Link

 

コメントする