Nginx - phpMyAdmin を使用する!

更新日時:


軽量 Web サーバ Nginx で phpMyAdmin(MySQLサーバーをウェブブラウザで管理するためのデータベース接続クライアントツール)を使用する方法についてです。

既にインストールされている phpMyAdmin を Nginx で利用する方法についてです。PHP, phpMyAdmin, MySQL 等のインストールについてはここでは説明しません。

0. 前提条件

  • Linux Mint 14 Nadia (64bit) での作業を想定。
  • Nginx 1.2.6 がソースビルドによりインストール済み。
  • パッケージを利用してインストールした Nginx とはディレクトリ構成等が若干異なる。 (別途作成したヴァーチャルホストの設定ファイルを取り込む形式になっていたり・・・)
  • PHP 5.4.6 がインストール済み。(古いバージョンだと作業が異なるかも知れない)
  • MySQL サーバがインストール済み。(当方は 5.5.28)
  • PHP5-FPM がインストール済み。(当方は 5.4.6)
  • phpMyAdmin がインストール済み。(当方は 3.4.11)
  • phpMyAdmin はサブディレクトリ運用とする。(http://localhost/phpmyadmin/ という URL での運用)

1. Nginx 設定ファイル編集

Nginx の設定ファイル /usr/local/nginx/conf/nginx.confserver ディレクティブに以下の記述を追加する。
(phpMyAdmin が /usr/share/phpmyadmin ディレクトリにインストールされている場合)

    server {

        # ===< 省略 >===

        # phpmyadmin setting
        location /phpmyadmin {
            alias /usr/share/phpmyadmin;
            index index.php;
            allow 127.0.0.1;
            allow 192.168.11.0/24;
            deny  all;
        }

        location ~ /phpmyadmin/.*\.php$ {
            fastcgi_pass    unix:/var/run/php5-fpm.sock;
            fastcgi_index   index.php;
            fastcgi_param   SCRIPT_FILENAME  /usr/share/$uri;
            include         fastcgi_params;
        }

        # ===< 省略 >===

    }

この設定では、allowdeny でローカルホストとローカルネットワークからのみアクセス可能にしている。
allowdeny より先に記述すること。deny を先に記述すると全てアクセス拒否となってしまう。
また、上記の設定は php ファイル全体の設定 location ~ \.php$ { ... より先に記述すること。

2. Nginx 起動

設定を有効化するために Nginx をリロードする。
起動していないのなら起動する。
(当然、MySQL, PHP5-FPM も起動していること)

3. 動作確認

ブラウザで http://localhost/phpmyadmin にアクセスしてみて、以下のようなページが表示されれば OK.

NGINX_PHPMYADMIN

また、ログインしてみて正常に動作するかも確認してみる。


これで、Nginx で phpMyAdmin が利用できるようになりました。

当方実際には、phpMyAdmin よりも MySQL Workbench を利用することがほとんどなのですが、いざという時に使えたほうがよいので設定した次第です。

以上。

 

Sponsored Link

 

コメントする