VisualBasic - CSVをTABLEタグに変換!

更新日時:


CSVファイルをTABLEタグに簡単に変換できるよう、少し前に Ruby で処理を作ってみました。 これはこれで使えるのですが、コマンドラインからCSVファイルを引数に指定して実行し、出力ファイルを開かないと結果を確認できませんでした。

もっと簡単にできないものかと考え、「Microsoft Visual Basic 2008 Express Edition」でGUIアプリ(Windows専用)を作成してみました。 かなり便利になりました。

▼こんなのです▼

VB_CSV_TABLE

使用方法

  • アプリを起動後、上段テキストボックスにCSV形式でデータを入力するか、もしくは、CSVファイルをドラッグ&ドロップする。
  • 「変換」ボタンをクリックする。
  • 「クリップボードへCOPY」のクリックでクリップボードへコピーされるので、希望の場所に貼り付ける。

注意

  • 個人使用が目的で作成したものですので、列幅や色の設定等細かな属性設定はできません。
  • 単純に1行ずつ <tr>・</tr> で囲み、カンマが有ればそこで区切って <td>・</td> で囲んでいるだけです。

当方は、ブログに表を貼り付けたい場合によく使用しています。 表のレイアウトはCSSに任せています。

もしよろしければ、使ってみてください。ダウンロードはこちら

以上。

 

Sponsored Link

 

コメントする