Excel製の数学文書をLATEXで整形!

更新日時:


以前、ロト6の当選データを分析するために、「単回帰曲線」の解法、「重回帰式」の解法を調べたときに今後のためにとExcelを使用してPDF化していました。 (「単回帰曲線」の解法、「重回帰式」の解法は、大学の数学科時代に使用していた統計関係の書籍を読みあさってまとめました。) しかし、Excelで作成したので、見た目がいかにもExcelって感じで専門的(数学的)な感じがしませんでした。 そこで、よく学術論文、卒論等で使用する電子組版ソフト「TEX」の派生版「LATEX」を使用して書き直してみました。自分で言うのもなんですが相当綺麗になりました。

「TEX」や「LATEX」がどんなものか?とか「TEX」や「LATEX」の使用方法について小生は疎いので、簡単に説明できません。ネット上で調べると多数引っかかります。ご容赦ください。

以下で「Excel」と「LATEX」の違いをご確認いただけます。

※一部、偏微分時の符号が誤っていたので「LATEX」版では修正しています。

「LATEX」を使いこなせるようになりたいと思いましたが、現在は研究職でも学生でもないので使いときに使う程度です。

ちなみに、上記の計算方法を調べるためには、2・3年前に購入した以下の書籍も参考にしました。

以上。

 

Sponsored Link

 

コメントする