網戸の使い方!

更新日時:


夏になると網戸にして過ごすことが多いと思います。

しかし、網戸にしているにもかかわらず、外から蚊が入ってきて困ることはありませんか? 網戸の位置を確認してみてください。 網戸の位置が左右逆になってはいませんか?

通常、ガラスサッシ(窓ガラス)は右側が手前、左側が外側に配置されているはす。

AMIDO_1

そこで、網戸を左側に付けて左側のガラスサッシを途中まで開けると、以下のようになります。

AMIDO_2

お近くのガラスサッシで確認してみてもわかるように隙間ができます。 ガラスサッシ・網戸のふちにゴム状の隙間を埋めるためのヒダが付いているものでも隙間はできてしまいます。 これでは蚊のような小さな昆虫は室内に侵入可能です。

網戸を左側にした場合でも、ガラスサッシを目いっぱい開けた場合は隙間が無くなる場合もありますが、大抵は少なからず隙間はできます。

通常、網戸は次のように右側に付けるものです。

AMIDO_3

これだと隙間はできません。

室内の配置によりどうしても左側しか窓が開けられない場合は仕方ありませんが、そうでなければ、網戸を右側にして右側の窓を開けるようにしてみてはどうでしょうか?

※もちろん網戸が破れていたり、元々隙間が大きかったりする場合は、満足する結果は得られないかもしれません。

以上。

カテゴリー:

更新日時:


 

Sponsored Link

 

コメントする