SyntaxHighlighter for WordPress のテーマ変更!

更新日時:


今日も、WordPressのソースコードを整形・ハイライト表示してくれるプラグイン 「SyntaxHighlighter for WordPress」 についてです。

このプラグインを標準で使用するとデザインが白ベースのものになります。

しかし、当方のように黒っぽいデザインのページには白ベースのデザインがあまり似合いません。 なので、変更してみました。

SyntaxHighlighter for WordPress」でなく「SyntaxHighlighter Evolved」ならば、WordPressの管理画面の設定に「SyntaxHighlighter」の項目があるので、そこで簡単に各種設定(テーマの変更も含め)が簡単に変更できますが、「SyntaxHighlighter for WordPress」は管理画面ではソースを編集することしか出来ません。 (今回はソースを編集してテーマを変更するだけなのでこれでもOKですが)

テーマは「syntax_highlighter.php」のデフォルトのテーマを指定している箇所をを変更するだけです。 今回は「Emacs」テーマに変更してみました。

``` php class SyntaxHighlighter extends wokController { /* Start Class */ var $plugin_ver = '2.1.364'; var $theme = 'ThemeEmacs'; var $default_atts = array( ```

これでデザインがクールになりました。

ちなみに選択できるテーマは「wp-content\plugins\syntax-highlighter\css」フォルダにあるCSSファイルによると以下のとおり。

  • Default
  • Django
  • Eclipse
  • Emacs
  • FadeToGrey
  • Midnight
  • RDark

あと、テーマとは関係ありませんが、ショートコードオプションの「font_size」を指定しても、フォントサイズが変わらないのはなぜだろう?

この記事投稿時点ではこの「SyntaxHighlighter for WordPress」のバージョンは「2.1.364.3」です。「2.0」の時はできていたのに。。。

いろいろ調べてもわかりません。。。 ブログ側のCSSの設定が絡んでいるように思って調べていますが・・・

以上。

 

Sponsored Link

 

コメントする