Fedoraサーバがダウン!

更新日時:


今日昼過ぎ、外出先から自宅サーバのWebカメラ画像を確認していると、昼前の画像で更新が途絶えているではありませんか!?

ホームページもメールもブログも使えなくなっていました。

夕方帰宅後、ログをチェックしてみると今日の朝9時ころから、こんなログが延々と出力されていました。

Jan  1 09:00:06 pulsar kernel: ata1.00: exception Emask 0x0 SAct 0x0 SErr 0x0 action 0x6
Jan  1 09:00:06 pulsar kernel: ata1.00: BMDMA stat 0x6
Jan  1 09:00:06 pulsar kernel: ata1.00: cmd 35/00:88:df:95:4a/00:01:0e:00:00/e0 tag 0 dma 200704 out
Jan  1 09:00:06 pulsar kernel:         res 51/84:00:66:97:4a/84:00:0e:00:00/e0 Emask 0x30 (host bus error)
Jan  1 09:00:06 pulsar kernel: ata1.00: status: { DRDY ERR }
Jan  1 09:00:06 pulsar kernel: ata1.00: error: { ICRC ABRT }
Jan  1 09:00:06 pulsar kernel: ata1: soft resetting link
Jan  1 09:00:06 pulsar kernel: ata1.00: configured for UDMA/133
Jan  1 09:00:06 pulsar kernel: ata1: EH complete

いろいろ調べながらあれこれと試してみましたが、結局最後には起動しなくなりました。

どうやらハードディスクがお亡くなり?!

ということで、取り急ぎWindowsXPマシンのVMwareに作成していたCentOS5.4で仮運用です。

これから、別途CentOS5.4をインストールしていたAtomマシンがあるんで、そいつを本稼動すべくチューニングしておきます。

お亡くなりのマシンはまたゆっくりと調査・メンテします。

では。

 

Sponsored Link

 

コメントする