Flightradar24(CHECK JAPAN)

Flightradar24 API で個人的にチェックした情報です。 ※直近200件(日時降順)
 

 [注意事項]
Now Loading ...
【注意事項】
  • ※出典は Flightradar24.com
  • ※一覧データは Flightradar24.com API で取得できたもの(ADS-B, MLAT etc.)のみ。
  • ※システム内部でのデータ取得は3分間隔で行っている。
  • ※システム内部では、検知終了(検知できなくなった際の直前の情報)も記録している。
  • ※一覧表示は5分間隔で自動更新している。「一覧更新」ボタンで即時更新も可能。
  • ※個人的に注目したいログは オレンジ色 で表示するようにしている。
  • ※機体種別、便名(ICAO, IATA)、コールサイン(ICAO)に指定の文字列が含まれるものを記録している。
  • ※当ページのデータは、当方が別用途で使用するために記録していたものの確認用であり、視認性をあまり考慮せず出力している。
  • ※項目の意味は以下のとおり。(左から)
    1. ID
    2. SSR mode S コード
    3. 緯度(単位:度(degree))
    4. 経度(単位:度(degree))
    5. 進行方向(単位:度(degree)、0 度が北で時計回りに)
    6. 飛行高度(単位:フィート(feet))
    7. スピード(単位:ノット(knot))
    8. squawk(トランスポンダーに設定される識別信号4桁)
    9. 受信レーダ
    10. 機体種別
    11. 機体記号(レジ)
    12. 時刻(Unix 時間)
    13. 出発空港(IATA コード)
    14. 到着空港(IATA コード)
    15. 便名(IATA コード)
    16. ?
    17. ?
    18. 便名(ICAO コード)/コールサイン
    19. ?
    20. 所有者(別サイトから取得)
  • Flightradar24.com API でのデータの取得方法については、「JSON - Flightradar24 から飛行中の航空機情報を取得! - mk-mode BLOG」を参照のこと。
【参考資料】
航空自衛隊機の機体記号(2桁-4桁)
=================================

+ 1桁目: 領収年号(防衛省に納入された西暦年の下一桁)
+ 2桁目: 登録順位(機種毎に番号が振られている)
    - 0: F-1, B747-400, B777-300
    - 1: T-3, T-400
    - 2: F-15J/DJ, YS-11, U-125A
    - 3: F-2, MU-2A
    - 4: E-2C, E-767, V-107A
    - 5: C-130H, T-1, U-4
    - 6: T-4
    - 7: CH-47J, F-4EJ, RF-4E, KC-767
    - 8: UH-60J, C-1, C-2
    - 9: T-2, U-125, F35A
+ 3桁目: (ハイフン)
+ 4桁目: 機種(任務)区分
    - 1: 輸送機(輸送機から電子戦機に改造されたYSなども含む)
    - 3: 固定翼機(他に属さないもの。多用途機など)
    - 4: 回転翼機
    - 5: 練習機
    - 6: 偵察機
    - 8: 戦闘機
+ 5-7桁目: 製造番号(例:T-4初号機は601なので、725は125番目の機体)
    - 001~: C-1, U-125A
    - 041~: U-125
    - 051~: F-15DJ, T-400
    - 071~: C-130
    - 091~: B-65
    - 101~: T-2, B747-400, B777-300
    - 151~: YS-11
    - 201~: MU-2, F-1, T-33A, C-2
    - 251~: U-4
    - 301~: F-4EJ/EJ改
    - 451~: E-2C
    - 471~: CH-47J
    - 501~: F-2, E-767
    - 551~: UH-60J
    - 601~: T-4
    - 701~: F-35A
    - 801~: V-107, F-15J, T-1A
    - 851~: T-1B
    - 901~: RF-4E/EJ

陸上自衛隊機の機体記号(5桁)
=============================

+ 1桁目: 機種/用途区分
    - 7: AH(対戦車・攻撃ヘリコプタ)
    - 5: CH(輸送ヘリコプタ(現役機はチヌークのみ))
    - 4: UH(多用途ヘリコプタ)
    - 3: OH(観測ヘリコプタ)
    - 2: LR(連絡・偵察固定翼機)
    - 0: EC(特別輸送ヘリコプタ)
+ 2桁目: 機種別番号(モデルチェンジの場合には同じ番号を継続使用)
+ 3-5桁目: 製造番号

海上自衛隊機の機体記号(4桁)
=============================

+ 1桁目: 機種/用途区分
    - 5: 固定翼哨戒機
    - 9: 固定翼機(哨戒機除く)
    - 6: 固定翼練習機
    - 8: 回転翼機(種別問わず)
+ 2-4桁目: 製造番号
+ 参考
  固定翼機  哨戒機                  P-3C     5001~5109
                                    P-1      5501~5599
            多用途機                OP-3C    9131~9149
                                    UP-3C    9151~9159
                                    UP-3D    9161~9169
                                    EP-3     9171~9189
                                    UP-3C    9151~9159
                                    U-36A    9201~9219
                                    UP-1     9501~9509
            救難機                  US-1A    9074~9099
                                    US-2     9901~9919
            輸送機                  C-130R   9051~9059
            連絡機                  LC-90    9301~9319
            練習機                  T-5      6301~6399
                                    TC-90    6801~6849
  回転翼機  哨戒ヘリコプター        SH-60J   8201~8399
                                    SH-60K   8401~8599
            掃海・輸送ヘリコプター  MCH-101  8651~8679
            救難ヘリコプター        UH-60J   8961~8999
            多用途ヘリコプター      CH-101   8191~8199
                                    USH-60K  8901~8909
            練習ヘリコプター        TH-135   8801~8849
        
SQUAWK 割り当て表(日本国)
===========================

* 1200: 10000ft 未満を飛行する VFR(有視界飛行方式による飛行)の航空機※指示がない限り
* 1400: 10000ft 以上を飛行する VFR(有視界飛行方式による飛行)の航空機※指示がない限り
* 1100: 24,000ft(FL240) 未満を飛行する IFR(計器飛行方式による飛行)の航空機※指示がない限り
* 1300: 24,000ft(FL240) 以上を飛行する IFR(計器飛行方式による飛行)の航空機※指示がない限り
* 2000: コードの指示を受けず、レーダー管制空域外からレーダー管制空域へ入る航空機
* 4000: 顕著な高度変更を頻繁に行う航空機、管制機関により特別な扱いを要求する航空機
* 7500: ハイジャック発生時
* 7600: 無線機故障時
* 7700: 緊急事態時

* 福岡飛行情報区(FIR)内を飛行する IFR 航空機用
  + 国内線航空機
    0401~0477, 1701~1777, 2001~2077, 2101~2177,
    2201~2277, 2301~2377, 2401~2477, 2501~2577,
    3301~3377, 3401~3477, 4601~4677, 4701~4777,
    5501~5577, 5601~5777, 7301~7377
  + 国際線航空機
    3101~3177, 3201~3277, 3601~3677, 3701~3777
    6001~6077, 6101~6177, 7001~7077

* 東京 ACC(管制区管制所)
  1001~1077, 1201~1277
  (2200, 2400, 3300, 3400)
* 札幌 ACC(管制区管制所)
  1101~1177
  (2200, 2400, 3300, 3400)
* 福岡 ACC(管制区管制所)
  1101~1177
  (2200, 2400, 3300, 3400)
* 那覇 ACC(管制区管制所)
  1201~1277
  (2200, 2400, 3300, 3400)
* 千歳
  5401~5477
  (0400, 2300)
* 新千歳
  5701~5737
  (5200)
* 函館
  1501~1537
  (5600)
* 十勝
  5301~5327
  (2100)
* 仙台
  1501~1537
  (2300)
* 三沢
  1301~1377, 5201~5277, 5301~5377
  (5400, 6000)
* 八戸
  5701~5737
  (1700)
* 大湊
  5740~5757
  (2500)
* 松島
  5401~5477
  (5200)
* 成田
  1340~1377
  (3200, 3600, 3700)
* 羽田
  1301~1377
  (2100, 2300, 5600, 5700)
* 百里
  5301~5377
  (5200, 5400)
* 入間
  1550~1577
  (6400)
* 下総
  1520~1547
  (6000)
* 館山
  1501~1517
  (7000)
* 宇都宮
  5701~5727
  (5500)
* 立川
  5730~5737
  (6200)
* 横田
  5201~5277, 5401~5477
  (0400, 1700, 4600)
* 厚木
  5740~5777
  (2500)
* 硫黄島
  5720~5777
  (2500)
* 新潟
  1301~1377
  (2100)
* 小松
  5201~5277
  (6000, 7000)
* 浜松
  5301~5377
  (5300, 5500)
* 名古屋
  1340~1377
  (5200, 5400)
* 明野
  5701~5737
  (2100)
* 関西
  1301~1357, 5701~5737, 5760~5777
  (2300, 2500, 5600, 5700)
* 美保
  5301~5377
  (5400)
* 広島
  1501~1517
  (6000)
* 岩国
  1540~1577, 5201~5277, 5740~5757
  (1700)
* 徳島
  5401~5477
  (0400)
* 高松
  1360~1377, 5760~5777
  (7000)
* 高知
  1340~1357
  (2100)
* 福岡
  1301~1337
  (5200, 5400)
* 芦屋
  5401~5437
  (4600)
* 築城
  5301~5377, 5401~5444
  (2500, 7000)
* 新田原
  5440~5477
  (5500)
* 鹿屋
  5201~5277
  (2100)
* 芦屋
  5401~5437, 5445~5477
  (4600)
* 熊本
  5701~5737
  (5600)
* 大分
  1520~1537
  (6400)
* 宮崎
  1540~1577
  (2300, 5300)
* 長崎
  5740~5777
  (6000)
* 鹿児島
  1340~1377
  (0400, 1700)
* 那覇
  1501~1517, 1520~1537
  (2300, 2500)
* 下地島
  1301~1337
  (6000)
* 嘉手納
  5301~5377, 5401~5477
  (5200, 5300, 5400, 5500, 5600)

( )内は、二次レーダー管制機関別特定コード or 米軍管制機関特定コード
        
航空機(巡航中)の飛行高度
==========================

(0°≦東行き<180°, 180°≦西行き<360°)

* VFR(有視界飛行方式による飛行)
  + 29,000ft以下
    - 西行き: 1,000ftの偶数倍 + 500ft
    - 東行き: 1,000ftの奇数倍 + 500ft
* IFR(計器飛行方式による飛行)
  + 41,000ft以下
    - 西行き: 1,000ftの偶数倍
    - 東行き: 1,000ftの奇数倍
  + 41,000ft超
    - 西行き: 45,000ft + 4,000ftの倍数
    - 東行き: 43,000ft + 4,000ftの倍数
        
Now Loading ...
Now Loading ...
Now Loading ...
Now Loading ...
Now Loading ...

PAGE TOP