カレンダー - 天体暦(天体位置表)(JPL版)計算

よろしければ、ご活用ください。

計算結果


【計算結果等について】
  • ・リクエストを `eph_jpl.txt` とすれば、テキストで結果を返す。
     (引数は `?target=3¢er=11&jd=2458041.5` のように付与)
  • ・計算根拠となっているデータは NASA 提供の JPL DE430 である。
  • ・座標系は ICRS(International Celestial Reference System) 座標系である。
  • ・対象天体が「地球の章動」、「月の秤動」の場合、基準天体の選択は無視する。
  • ・ユリウス日を省略した場合、現在システム日時を UTC とみなしてユリウス日とする。
  • ・`Position` は基準天体から見た対象天体の位置。
  • ・`Velosity` は基準天体から見た対象天体の移動速度。
  • ・詳細は「Ruby - JPL 天文暦データから ICRS 座標を計算!」等を参照のこと。

Sponsored Link

Now Loading ...
Now Loading ...

Sponsored Link


Now Loading ...
Now Loading ...


PAGE TOP