mk-mode BLOG

このブログは自作の自宅サーバに構築した Debian GNU/Linux で運用しています。
PC・サーバ構築等の話題を中心に公開しております。(クローンサイト: GitHub Pages
※2018年9月15日より非力な環境でサーバを運用しているため、各ページの表示に時間がかかる場合があります。ご了承ください。(改良の予定あり)

ブログ開設日2009-01-05
サーバ連続稼働時間
Reading...
Page View 合計
Reading...
今日
Reading...
昨日
Reading...

Debian 9 (Stretch) - 時刻同期設定(systemd-timesyncd)!

[ サーバ構築 ] [ Debian, Linux ]

こんばんは。

Debian GNU/Linux 9 (Stretch) 上で systemd-timesyncd サービスを使用して時刻同期する設定についての記録です。

0. 前提条件

  • Debian GNU/Linux 9 (Stretch) での作業を想定。
  • ntpdchronyd は使用しない。
  • root ユーザでの作業を想定。

1. ntpd, chronyd の停止

ntpd や chronyd は不要なので、サービスが起動していれば停止し、自動起動もしないように設定しておく。(以下のようなコマンドで)
ちなみに、 OS インストール直後は ntpd も chronyd も起動してなく、 systemd-timesyncd が起動しているはず。

1
2
3
4
# systemctl status chronyd
# systemctl stop chronyd
# systemctl disable chronyd
# systemctl is-enabled chronyd

2. NTP 機能の有効化

まず、現状の NTP の設定状況を確認する。

1
2
3
4
5
6
7
8
# timedatectl status
      Local time: 月 2018-09-17 17:25:26 JST
  Universal time: 月 2018-09-17 08:25:26 UTC
        RTC time: 月 2018-09-17 08:25:24
       Time zone: Asia/Tokyo (JST, +0900)
 Network time on: yes
NTP synchronized: yes
 RTC in local TZ: no

Network time onyes になっていれば、 NTP 機能は有効になっているということ。(次項 3 へ)

Network time onno になっていれば、 NTP 機能が無効になっているということなので、以下を実行して NTP 機能を有効化する。

1
# timedatectl set-ntp true

3. NTP サーバの設定

以下は当方の例。

/etc/systemd/timesyncd.conf
1
2
3
[Time]
NTP=ntp.nict.jp
FallbackNTP=ntp1.jst.mfeed.ad.jp ntp2.jst.mfeed.ad.jp ntp3.jst.mfeed.ad.jp
  • NTP がメイン、 FallbackNTP が予備。
  • 複数のサーバを設定する場合は半角スペースで区切る。

4. 時刻同期デーモンの再起動

設定を有効化するために時刻同期デーモン systemd-timesyncd を再起動する。

1
# systemctl restart systemd-timesyncd
  • 元々 ntpd や chronyd を起動していた場合は systemd-timesyncd は起動していなかったであろうから、 restart でなく start とする。

5. 時刻同期デーモン自動起動の設定

元々 ntpd や chronyd を起動していなかった場合は systemd-timesyncd は自動起動する設定になっているはず。

自動起動する設定になっていなかった場合は、設定しておく。

1
2
# systemctl enable systemd-timesyncd
# systemctl is-enabled systemd-timesyncd

以上。

Comments