mk-mode BLOG

このブログは自作の自宅サーバに構築した Debian GNU/Linux で運用しています。
PC・サーバ構築等の話題を中心に公開しております。(クローンサイト: GitHub Pages

ブログ開設日2009-01-05
サーバ連続稼働時間
Reading...
Page View 合計
Reading...
今日
Reading...
昨日
Reading...

Linux - tc コマンドで帯域制限!

[ pc_tips ] [ Debian, Linux ]

こんばんは。

Linux でアウトバウンド(送信)についての帯域制限を行う方法についての記録です。

0. 前提条件

  • Debian GNU/Linux 8.6 (64bit) での作業を想定。(他の Linux ディストリビューションも同様のはず)
  • tc コマンドには qdisc, class, filter という概念があるが、その違いについては説明しない。
    (今回は qdisc(queue discipline) を使用する)
  • TBF(Token Bucket Filter; Classless な QDISC) を使用する。

1. 帯域制限の設定

(以下は一例)

1
# tc qdisc add dev eth0 root tbf limit 200Kb buffer 100Kb rate 200Kbps
  • limit 500Kb … データキューのサイズを 200KByte に設定。
  • buffer 100Kb … パケットのサイズを 100KByte に設定。
    100Kb/8 を付与するよう説明しているサイトもあるが、付与してもしなくても変わらない)
  • rate 500Kbps … 帯域幅を 200KBps に設定。
  • tc での b は「ビット」ではなく「バイト」であることに注意。

2. 状態の確認

1
2
3
4
# tc -s qdisc show dev eth0
qdisc tbf 800f: dev eth0 root refcnt 6 rate 1600Kbit burst 100Kb lat 512.0ms
 Sent 254778 bytes 214 pkt (dropped 0, overlimits 0 requeues 0)
 backlog 0b 0p requeues 0
  • 設定(上記の1行目のみ)の確認なら、 -s を付与しない。
  • dev eth0 を付与しない場合、全ての NIC カードについて表示される。
    さらにこの場合は、 show も省略可能で、 tc -s qdisc とできる。
    よって、全ての NIC カードについての設定のみの確認なら tc qdisc とできる。

その他、 dstat コマンドや iftop コマンド等をインストールするなどして確認してみるのもよいだろう。

3. 帯域制限の設定解除

1
# tc qdisc del dev eth0 root

4. 帯域制限の設定変更

設定時の addchange に変更の上、値を変更すればよい。

1
# tc qdisc change dev eth0 root tbf limit 500Kb buffer 200Kb rate 500Kbps

5. その他

tc コマンドは奥が深い。当方も理解しきれていない。
詳細は man tc などで確認のこと。


当方、実際にはポート毎に帯域保証/制限を行って運用している。(Classful QDISC の HTB(Hierarchy Token Bucket) と Filter を使用して)

以上。

Comments