mk-mode BLOG

このブログは自作の自宅サーバに構築した Debian GNU/Linux で運用しています。
PC・サーバ構築等の話題を中心に公開しております。(クローンサイト: GitHub Pages
※2018年9月15日より非力な環境でサーバを運用しているため、各ページの表示に時間がかかる場合があります。ご了承ください。(改良の予定あり)

ブログ開設日2009-01-05
サーバ連続稼働時間
Reading...
Page View 合計
Reading...
今日
Reading...
昨日
Reading...

Debian 9 (Stretch) - 全文検索エンジン Groonga インストール(by Groonga 公式リポジトリ)!

[ サーバ構築 ] [ Debian, Groonga, Linux ]

こんばんは。

Debian GNU/Linux 9 (Stretch) にカラムストア機能付き全文検索エンジン Groonga を Groonga の公式リポジトリを使用して導入する方法についての記録です。

以前古いバージョンでの作業時に残していた記録を参考に作業を行い、今回更新した作業記録を貼付する形式の内容となっています。
(当然ながら、興味がなければスルーしてください)

0. 前提条件

  • Debian GNU/Linux 9 (Stretch) での作業を想定。
  • 当記事執筆時点で最新の Groonga 7.0.4 をインストールする。
  • トークナイザとして MeCab を使用することを想定。
  • トークンフィルタとして TokenFilterStem を使用することを想定。
  • ノーマライザとして MySQL 互換の groonga-normalizer-mysql を使用することを想定。(将来、 Mroonga を使用することを想定)
  • ここでは、全文検索がどういうものかという説明はしない。
  • root ユーザでの作業を想定。
  • 以下の説明内で出力するデータは、可読性を考慮して整形している。

1. 日本語形態素解析器 MeCab のインストール

トークナイザとして MeCab を使用するので、インストールしておく。

1
# apt -y install mecab

2. ソースリストの追加

/etc/apt/sources.list.d/groonga.list
1
2
deb https://packages.groonga.org/debian/ stretch main
deb-src https://packages.groonga.org/debian/ stretch main

3. インストール

1
2
3
4
5
# apt -y install apt-transport-https
# apt -y update
# apt -y install --allow-unauthenticated groonga-keyring
# apt -y update
# apt -y -V install groonga
  • apt-transport-https は、 “/etc/apt/sources.list.d/groonga.list” 内の https を扱うために必要なパッケージ。

apt update 時に GPG 公開鍵に関するエラーが出力される場合は、以下のようにした後に再試行する。(--keyserver で指定するキーサーバは keyring.debian.org でなくとも、キーが存在するなら別のキーサーバでもよい(keyring.debian.org, wwwkeys.pgp.net 等でもよいだろうが、現時点ではキーが存在しない))

1
# apt-key adv --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv-keys 72A7496B45499429

GPG キー取得時に dirmngr が存在しない旨のエラーが出る場合は apt -y install dirmngr で dirmngr をインストールする。

但し、170629 時点では、 最初の apt -y update で別の GPG エラーが出る
170703 時点では、 “https://packages.groonga.org/debian/” の stretch が改修され、問題は解消した

4. トークナイザ MeCab のインストール

(トクーナイザとして MeCab を使用しないのなら、この作業は不要)

1
# apt -y -V install groonga-tokenizer-mecab

5. トークンフィルタ TokeFilterStem のインストール

(トークンフィルタとして TokeFilterStem を使用しないのなら、この作業は不要)

1
# apt -y -V install groonga-token-filter-stem

6. MySQL 互換ノーマライザのインストール

(ノーマライザとして groonga-normalizer-mysql を使用しないのなら、この作業は不要)

1
# apt -y -V install groonga-normalizer-mysql

7. インストール確認

1
2
3
4
$ groonga --version
Groonga 7.0.4 [linux-gnu,x86_64,utf8,match-escalation-threshold=0,nfkc,mecab,msgpack,mruby,onigmo,zlib,lz4,zstd,epoll]

configure options: < ... (ここに configure オプションの一覧) ...>

8. 動作確認

(過去記事「Linux Mint - Groonga インストール(by ソースビルド)!」を参照)

9. 参考サイト


以上。

Comments