mk-mode BLOG

このブログは自作の自宅サーバに構築した Debian GNU/Linux で運用しています。
PC・サーバ構築等の話題を中心に公開しております。(クローンサイト: GitHub Pages

ブログ開設日2009-01-05
サーバ連続稼働時間
Reading...
Page View 合計
Reading...
今日
Reading...
昨日
Reading...

Bash - Image Magick で既存の画像に文字を追加!

[ pc_tips ] [ ImageMagick, LMDE2, Linux, 画像 ]

こんばんは。

Image Magick で既存の画像に文字を上書きして保存する Bash スクリプトの紹介です。

0. 前提条件

  • LMDE2 (Linux Mint Debian Edition 2; 64bit) での作業を想定。
  • ImageMagick 6.8.9-9 での作業を想定。(使用するのは convert コマンド)

1. 元画像の準備

文字を描画したい画像を用意しておく。

以下は、当方が今回使用するサンプル画像。(Copywrite は実際には描画されていない)

IM_CHARACTER_1.png

2. Bash スクリプトの作成

以下は、当方の作成例。(適当に編集すること)

画像上部に “MK”, 下部に “mode” 当文字を縁取りで描画している。

im_write_char.sh
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
#!/bin/bash

IN=sample.png
OUT=sample_out.png

convert \
  -gravity NorthWest \
  -font URW-Bookman-L-Demi-Bold \
  -pointsize 200 \
  -fill DarkGoldenrod \
  -stroke gray10 -strokewidth 16 -annotate 0x0+22-20  "MK" \
  -stroke none                   -annotate 0x0+22-20  "MK" \
  -pointsize 128 \
  -fill DarkOrange3 \
  -stroke gray10 -strokewidth 16 -annotate 0x0+20+240 "mode" \
  -stroke none                   -annotate 0x0+20+240 "mode" \
  $IN $OUT
  • フォントは URW-Bookman-L-Demi-Bold.
  • -gravity は基点となる位置。(NorthWest は画像左上のこと)
  • -strokewidth は縁取りの幅。
  • -annotate で文字を描画。(オプションの数字を色々変更してみれば、どうなるか分かる)
  • 最後に入力画像と出力画像のファイル名を指定。

3. Bash スクリプトの実行

1
$ im_write_char.sh

4. 出力画像の確認

出力された画像 sample_out.png を確認してみる。(Copywrite は実際には描画されていない)

IM_CHARACTER_2.png

5. 参考サイト


当方、背景が同じで文字が異なる画像を大量に作成したい場合に、今回紹介のスクリプトを改良したものを使用しています。

以上。

Comments