mk-mode BLOG

このブログは自作の自宅サーバに構築した Debian GNU/Linux で運用しています。
PC・サーバ構築等の話題を中心に公開しております。(クローンサイト: GitHub Pages

ブログ開設日2009-01-05
サーバ連続稼働時間
Reading...
Page View 合計
Reading...
今日
Reading...
昨日
Reading...

Twitter アカウントのロック解除について!

[ sns ] [ Ruby, Twitter ]

こんばんは。

Twitter アカウントがロックされた場合の解除方法については、Web上でいくらでも発見できます。

今回、当方が経験した不当なロック(通常のロックとは異なるロック)について、現象と対策方法を簡潔にまとめてみました。

(当方はアカウントを250個近く所有しているので、ロック後にそのロックを解除するという作業は数えきれないほど行ってきましたが、最近経験するロックが納得できないものなので、記録しておきます)

0. 前提条件

  • ロックされる Twitter アカウントには携帯電話番号が登録済みである。
  • メールアドレスは、実在する正規なものを使用している。
  • アカウントのほとんどは同じ端末(PC)から作成している。
  • Twitter API でツイートの自動化を行っている。(Twitter 自動化ルールに違反するような自動化ではない)
  • アカウントを大量に所有している場合、ロックされることは珍しいことではない。
  • 今回の話は、「凍結」ではなく「ロック」についてであることに留意。
  • 当記事執筆時点、当方所有のアカウントでロックされやすいアカウントは5個。
    同様の他の約250個のアカウントは何も問題がない。
    (ロックされやすいアカウントはいわゆるブラックリストに入れられてる?)

1. 現象

アカウントに携帯電話番号を登録しSMS認証を行っているにも関わらず、アカウントがロックされる。

当方、 Twitter API を使用しているので、最初にロックされたことに気付くのは、自動ツイートがロックによりエラーとなった時。
自作ツールのログには以下のようなメッセージが出力される。

1
2
3
To protect our users from spam and other malicious activity,
this account is temporarily locked. Please log in to
https://twitter.com to unlock your account.

Web ブラウザでアカウントにログインした際には、以下のようになる。

TWITTER_LOCK_01

2. 対策

下記の「簡易な対策」と「詳細な対策」を幾度なく繰り返している状況である。

2-1. その1(簡易な対策)

通常であれば、メッセージに従って SMS 認証を行う。(携帯ショートメールに送信されたキーで認証する。稀に、ショートメールでなく英語の自動音声のこともある)

TWITTER_LOCK_02

TWITTER_LOCK_03

TWITTER_LOCK_04

認証に成功するとロックが解除される。

2-2. その2(詳細な対策)

前述のように SMS 認証でロック解除を行っても、幾度となくロックされるので、Twitter ヘルプセンターへ異議申し立てを行う。

まず、ロック解除を行わない状態で「異議申し立てのページ」へ移動し、内容を入力して送信する。(ロック解除を行ってしまうと、異議申し立てはできないので注意)

(以下は今回の入力例)

TWITTER_LOCK_05

TWITTER_LOCK_06

TWITTER_LOCK_07

しばらくすると、自動で以下のようなメールが配信される。

TWITTER_LOCK_08

このメールにロック解除方法が記載されているが、これは通常のロック解除の手順と変わりない。
これに従ってロック解除を行っても、(ロックされやすいアカウントの場合は)再度ロックされることになる。

よって、このメールの内容に従わず、このメールを返信する形でより詳細に「異議申し立て」を行う。

(以下は今回の返信例。ロックがあまりに再三にわたり、大変な迷惑を被っているので、内容が若干辛辣になっている)

TWITTER_LOCK_09

1日〜数日すると、以下のような内容のメールが届く。

TWITTER_LOCK_10

これで、ロックが解除される。

なかなかメールが届かず、待ちきれずに SMS 認証でロックを解除すると、とたんに以下のようなメールが届く(ことがある)。

TWITTER_LOCK_11

3. 結果

しかし、詳細に異議申し立てを行ってロックを解除してもらっても、またロックされる事態に陥る。

よって、現時点では、通常のロック解除詳細な異議申し立てによるロック解除を延々と続けている状態である。(自身の経験上、アカウントを作り直すと現象が解消することもあるので、それも検討)

ちなみに、アカウントに登録しているパスワード、メールアドレス、携帯電話番号等を変更してもこの状況に変化はない。

何か決定的な方法はないものだろうか?

【2017-04-14 追記】
現時点で最も有効な方法は、Twitter クライアントの TweetDeck でアカウント登録すること。
こうすることで、スパムアカウントとみなされないようだ。(但し、確証なし)
【追記ここまで】

執拗に「異議申し立て」を続けていると、同じ端末から登録した他の大量のアカウントにも影響が及びそうで心配である。(最終的に、復活不能な「凍結」扱いならないかと)

4. その他

  • ちなみに、1個の携帯電話番号はアカウント10個まで登録可能である。
    当方はアカウントを10個超所有しているので、携帯電話番号が必要となった場合だけ登録するようにし、不要になったら登録を解除している。

以上。

Comments