mk-mode BLOG

このブログは自作の自宅サーバに構築した Debian GNU/Linux で運用しています。
PC・サーバ構築等の話題を中心に公開しております。(クローンサイト: GitHub Pages

ブログ開設日2009-01-05
サーバ連続稼働時間
Reading...
Page View 合計
Reading...
今日
Reading...
昨日
Reading...

Ruby - ツイートIDからタイムスタンプ等の取得!

[ sns, プログラミング ] [ Ruby, Twitter ]

こんばんは。

Twitter のツイートIDは snowflake というツールを使って算出されています。

このツールのアルゴリズムを理解すれば、ツイートIDからツイートした日時が取得できます。

以下、そのアルゴリズムについての簡単な説明と、ツイート日時を算出する Ruby スクリプトの紹介です。

0. 前提条件

  • Ruby 2.3.3-p222 での作業を想定。
  • ツイートIDだけでなく、アカウントID(ユーザが変更可能な英数字の screen_name ではなく、ユーザが変更不可能な数字のみの羅列)も同様に取得できる模様。(但し、最近の18桁(64bit)のIDのみ)

1. ツイートIDについて

snowflake によると、ツイートIDは 63bit(long値 - 1bit)で表現されていて、以下のような構造になっている。

 Tweet ID   Machine ID   Sequence 
41 bit 10 bit 12 bit

さらに、 timestamp の値は 1288834974657(ミリ秒)減算した値となっている。

2. Ruby スクリプトの作成

以下のように Ruby スクリプトを作成してみた。

各項目の値を取得するためにマスク処理を行っているが、タイムスタンプのみであれば、右シフトを行うだけでよい。(スクリプト内のコメント参照)

analyze_tweetid.rb
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
#! /usr/local/bin/ruby
# coding: utf-8
#=ツイートID解析
# : コマンドライン引数にツイートIDを渡して実行するとツイート日時等を算出する。
#
# date          name            version
# 2017.01.07    Masaru Koizumi  1.00 新規作成
#
# Copyright(C) 2017 mk-mode.com All Rights Reserved.
#---------------------------------------------------------------------------------
# 引数 : ツイートID(半角数字)
#---------------------------------------------------------------------------------
#++
class AnalyzeTweetid
  TW_EPOCH = 1288834974657  # 単位:ミリ秒
  MASK_T = "111111111111111111111111111111111111111110000000000000000000000"
  MASK_M = "000000000000000000000000000000000000000001111111111000000000000"
  MASK_S = "000000000000000000000000000000000000000000000000000111111111111"

  def initialize(tweet_id)
    @tweet_id = tweet_id.to_i
  end

  def exec
    begin
      # 各値のバイナリ文字列
      timestamp_b  = (@tweet_id & MASK_T.to_i(2)).to_s(2)
      machine_id_b = (@tweet_id & MASK_M.to_i(2)).to_s(2)
      sequence_b   = (@tweet_id & MASK_S.to_i(2)).to_s(2)
      # 各値の抽出&数値化
      timestamp  = ("%063d" % timestamp_b.to_i )[ 0,41].to_i(2)
      machine_id = ("%063d" % machine_id_b.to_i)[41,10].to_i(2)
      sequence   = ("%063d" % sequence_b.to_i  )[51,12].to_i(2)
      # timestamp の算出
      timestamp  = Time.at((timestamp + TW_EPOCH) / 1000.0)
      # 結果出力
      puts " TWEET-ID: #{@tweet_id}"
      puts "TIMESTAMP: #{timestamp.strftime("%Y-%m-%d %H:%M:%S.%L %Z")}"
      puts "          (MACHINE-ID: #{machine_id}, SEQUENCE: #{sequence})"

      # timestamp のみなら、マスク処理をしなくとも、以下で充分
      # timestamp = Time.at(((@tweet_id >> 22) + TW_EPOCH) / 1000.0)
      # puts " TWEET-ID: #{@tweet_id}"
      # puts "TIMESTAMP: #{timestamp.strftime("%Y-%m-%d %H:%M:%S.%L %Z")}"
    rescue => e
      $stderr.puts "[ERROR][#{self.class.name}.#{__method__}] #{e}"
      e.backtrace.each { |tr| $stderr.puts "\t#{tr}"}
      exit 1
    end
  end
end

exit 0 unless $0 == __FILE__
exit 0 unless tweet_id = ARGV.shift
AnalyzeTweetid.new(tweet_id).exec

3. Ruby スクリプトの実行

ツイートIDをコマンドライン引数に指定して実行する。

1
2
3
4
$ ./analyze_tweetid.rb 817350207100719104
 TWEET-ID: 817350207100719104
TIMESTAMP: 2017-01-06 21:40:49.661 JST
          (MACHINE-ID: 329, SEQUENCE: 0)

1000分の1秒単位で正確にツイート日時が取得できている。

参考サイト

※実際には、紹介されている Scala のコードを参考にしている。


単純にツイート日時を取得したいだけなら、 Twitter API を利用しなくてもよいので大変お手軽です。

以上。

Comments