mk-mode BLOG

このブログは自作の自宅サーバに構築した Debian GNU/Linux で運用しています。
PC・サーバ構築等の話題を中心に公開しております。(クローンサイト: GitHub Pages

ブログ開設日2009-01-05
サーバ連続稼働時間
Reading...
Page View 合計
Reading...
今日
Reading...
昨日
Reading...

Debian 8 (Jessie) - Postfix & Amavisd での "UNSOLICITED BULK EMAIL" 対策!

[ サーバ構築 ] [ Debian, Linux, ウイルス対策 ]

こんばんは。

Debian GNU/Linux 8(Jessie) 上のメールサーバ(メール転送エージェント) Postfix に amavisd-new でウィルス対策を施した後に、 “Considered UNSOLICITED BULK EMAIL, apparently from you” というタイトルのメールが届くことがあるので、それを抑止するための設定についての備忘録です。

0. 前提条件

  • Debian GNU/Linux 8 (Jessie) での作業を想定。
  • MTA(メール転送エージェント) Postfix 構築済み。
  • ウイルス対策で Amavisd を導入済み。
  • 当方、詳細については充分には理解していないが、以下のようにすればよいということだけ認識した。

1. 設定ファイルの編集

Amavisd の設定ファイルのうち、 “20-debian_defaults” を以下のように編集する。

/etc/amavis/conf.d/20-debian_defaults
1
2
#$final_banned_destiny     = D_BOUNCE;   # <= コメントアウト
$final_banned_destiny     = D_PASS;     # <= 追加

final_banned_destiny は、禁止されたメールの最終処理の設定。

  • D_PASS … メールは受信者に配送される
  • D_REJECT … メールは配送されないが、送信者に配送されなかった事を伝える
  • D_BOUNCE … メールは配送されないが、送信者に配送されなかった事を伝える。例外で伝えない場合もある
  • D_DISCARD … メールは配送されず、送信者にも配送されなかった事を伝えない

2. Amavisd の再起動

1
# systemctl restart amavis

3. 注意

当然ながら、上記の設定にすると、禁止されたメールが配送されることになる。
運用には十分に注意を払うこと。
(「禁止されたメール」の定義がよく分からないが)


以上。

Comments