mk-mode BLOG

このブログは自作の自宅サーバに構築した Debian GNU/Linux で運用しています。
PC・サーバ構築等の話題を中心に公開しております。(クローンサイト: GitHub Pages

ブログ開設日2009-01-05
サーバ連続稼働時間
Reading...
Page View 合計
Reading...
今日
Reading...
昨日
Reading...

Linux - chrony でのうるう秒対策!

[ サーバ構築 ] [ Linux, NTP ]

こんばんは。

Linux サーバの chrony でのうるう秒対策についての記録です。

chrony が基本的に SLEW モードで動作しているとは言っても、対策しなければ、うるう秒挿入時に STEP モードのごとくカーネル通知して1秒がそのまま挿入されてしまいます。(「SLEW モードだから問題ない」とよく勘違いされる

以下で、chrony 推奨の対策方法を紹介します。

0. 前提条件

  • NTP サーバに ntpd ではなく chrony を使用している。
  • 以下では、 CentOS 7.3 での作業を想定している。
    ちなみに、Debian GNU/Linux 8.6 (Jessie) の apt でインストールされる古いバージョン(1.30-2)には対応していない。

1. 設定ファイルの編集

設定ファイルの最終行あたりに以下の記述を追加する。

/etc/chrony/chrony.conf
1
2
3
leapsecmode slew
maxslewrate 1000
smoothtime 400 0.001 leaponly
  • leapsecmode はうるう秒モード。
  • maxslewrate は SLEW 調整の最大速度で、単位は ppm.
    1000 だと、 1秒に 1,000 / 1,000,000 = 1 / 1,000 秒ずつ調整される。
    500 だと、 1秒に 500 / 1,000,000 = 1 / 2000 秒ずつ調整される。
  • smoothtime は client への調整設定(長時間未調整だった後でもスムーズな時刻調整を行う)
    第1引数が1,000,000回当たりの最大回数(?)で、第2引数が1秒当たりに許容される最大頻度(?)
    第3引数の leaponly はうるう秒の時だけ適用するオプション。
  • ちなみに、Debian GNU/Linux 8.6 (Jessie) の apt でインストールされる古いバージョン(1.30-2)には対応していない。

2. chrony の再起動

1
# systemctl restart chrony

3. 確認

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
chronyc tracking
Reference ID    : 210.173.160.57 (ntp2.jst.mfeed.ad.jp)
Stratum         : 3
Ref time (UTC)  : Mon Dec 26 01:34:58 2016
System time     : 0.000666547 seconds slow of NTP time
Last offset     : +0.000648887 seconds
RMS offset      : 0.000648887 seconds
Frequency       : 41.236 ppm fast
Residual freq   : +44.558 ppm
Skew            : 0.021 ppm
Root delay      : 0.084496 seconds
Root dispersion : 0.058610 seconds
Update interval : 2.1 seconds
Leap status     : Normal

うるう秒挿入まで24時間を切ってから確認すると、 Leap status の値が Insert second になるはず。

4. 既にうるう秒実施(挿入)まで24を切っている場合

上記の作業を行わずしてうるう秒実施(挿入)まで24時間を切ってしまった、かつ、うるう秒実施(挿入)時刻を過ぎていない場合、カーネルは既にうるう秒実施(挿入)を知ってしまっているので、以下のようにしてカーネルの保持時刻・周波数オフセットをリセットする必要がある。(要 ntptime コマンド)

1
# ntptime -s 0 -f 0

この後に chrony サービスを再起動させるとよいだろう。

5. その他の方法

上記 1 〜 3 の方法を使用しない場合、以下のような方法もあるだろう。(当方、未確認)

  1. うるう秒実施(挿入)の24時間前までに chrony サービスを停止
  2. (うるう秒実施(挿入)を迎える)
  3. うるう秒実施(挿入)後に chrony サービスを起動

6. 参考サイト


個人で趣味程度の運用をしているレベルでは、うるう秒実施(挿入)による障害にそれほど敏感になることもないでしょうが。

以上。

Comments