mk-mode BLOG

このブログは自作の自宅サーバに構築した Debian GNU/Linux で運用しています。
PC・サーバ構築等の話題を中心に公開しております。(クローンサイト: GitHub Pages

ブログ開設日2009-01-05
サーバ連続稼働時間
Reading...
Page View 合計
Reading...
今日
Reading...
昨日
Reading...

CentOS 6.7 - Groonga インストール(by ソースビルド)!

[ pc_tips ] [ CentOS, Groonga ]

こんばんは。

オープンソースのカラムストア機能付き全文検索エンジン Groonga を、 CentOS にソースをビルドしてインストールする方法についての記録です。

ちなみに、以前、 Linux Mint にソースをビルドしてインストールする方法については紹介しました。

0. 前提条件

  • CentOS 6.7(32bit) での作業を想定。
  • 当記事執筆時点で最新の Groonga 6.0.2 をソースをビルドしてインストールする。
  • ここでは、全文検索がどういうものかという説明はしない。

1. 依存パッケージのインストール

1
# yum -y install wget tar gcc-c++ make mecab

mecab はトークナイザに MeCab を使用したい場合のみ)

2. ソースコードの取得

アーカイブを取得後、展開する。

1
2
3
# cd /usr/local/src/
# wget http://packages.groonga.org/source/groonga/groonga-6.0.2.tar.gz
# tar zxvf groonga-6.0.2.tar.gz

3. ビルド&インストール

1
2
3
4
# cd groonga-6.0.2
# ./configure
# make -j$(grep '^processor' /proc/cpuinfo | wc -l)
# make install

make-j オプションは、 CPU プロセッサ数が1個であったり、ビルドに要する時間を気にしないなら使用しなくてもよい)

4. インストールの確認

バージョンを表示してみて、インストールできているかを確認する。

1
2
3
4
# groonga --version
Groonga 6.0.2 [linux-gnu,i686,utf8,match-escalation-threshold=0,nfkc,onigmo,zlib,epoll]

configure options: <>

configure 時にオプションを指定していれば configure options: に記載される)

5. 動作確認

必要なら、各種動作確認をしてみる。

当ブログの過去記事を参照。

6. 参考サイト


以上。

Comments