mk-mode BLOG

このブログは自作の自宅サーバに構築した Debian GNU/Linux で運用しています。
PC・サーバ構築等の話題を中心に公開しております。(クローンサイト: GitHub Pages

ブログ開設日2009-01-05
サーバ連続稼働時間
Reading...
Page View 合計
Reading...
今日
Reading...
昨日
Reading...

CentOS - Groonga インストール(by yum パッケージ)!

[ サーバ構築 ] [ CentOS, Groonga, Linux ]

こんばんは。

カラムストア機能付き全文検索エンジン Groonga を、CentOS 6.7 に Groonga 公式 yum リポジトリを使用してインストールする方法についてです。

0. 前提条件

  • CentOS 6.7(32bit) での作業を想定。
  • 当記事執筆時点で最新の Groonga 5.1.0 をインストールする。

1. yum リポジトリの導入

1
2
# rpm -ivh http://packages.groonga.org/centos/groonga-release-1.1.0-1.noarch.rpm
# yum makecache

2. Groonga のインストール

1
# yum -y install groonga

形態素解析エンジン MeCab をトークナイザとして使用するために groonga-tokenizer-mecab をインストールする。

1
# yum -y install groonga-tokenizer-mecab

3. Groonga インストールの確認

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
# groonga --version
Groonga 5.1.0 [linux-gnu,i686,utf8,match-escalation-threshold=0,nfkc,mecab,mruby,onigmo,zlib,epoll]

configure options: < '--build=i686-redhat-linux-gnu' '--host=i686-redhat-linux-gnu'
 '--target=i686-redhat-linux-gnu' '--program-prefix=' '--prefix=/usr' '--exec-prefix=/usr'
 '--bindir=/usr/bin' '--sbindir=/usr/sbin' '--sysconfdir=/etc' '--datadir=/usr/share'
 '--includedir=/usr/include' '--libdir=/usr/lib' '--libexecdir=/usr/libexec'
 '--localstatedir=/var' '--sharedstatedir=/var/lib' '--mandir=/usr/share/man'
 '--infodir=/usr/share/info' '--disable-static' '--with-package-platform=redhat'
 '--with-mecab' '--with-munin-plugins' '--enable-mruby' 'build_alias=i686-redhat-linux-gnu'
 'host_alias=i686-redhat-linux-gnu' 'target_alias=i686-redhat-linux-gnu'
 'CFLAGS=-O2 -g -pipe -Wall -Wp,-D_FORTIFY_SOURCE=2 -fexceptions -fstack-protector
  --param=ssp-buffer-size=4 -m32 -march=i686 -mtune=atom -fasynchronous-unwind-tables'
 'CXXFLAGS=-O2 -g -pipe -Wall -Wp,-D_FORTIFY_SOURCE=2 -fexceptions -fstack-protector
  --param=ssp-buffer-size=4 -m32 -march=i686 -mtune=atom -fasynchronous-unwind-tables'
 'PKG_CONFIG_PATH=:/usr/lib/pkgconfig:/usr/share/pkgconfig'>

4. 動作確認

以下の過去記事を参照。

5. 参考サイト


以上。

Comments