mk-mode BLOG

このブログは自作の自宅サーバに構築した Debian GNU/Linux で運用しています。
PC・サーバ構築等の話題を中心に公開しております。(クローンサイト: GitHub Pages

ブログ開設日2009-01-05
サーバ連続稼働時間
Reading...
Page View 合計
Reading...
今日
Reading...
昨日
Reading...

MariaDB 10.0.x - Mroonga プラグインの有効化!

[ サーバ構築 ] [ Groonga, MariaDB, Mroonga ]

こんばんは。

全文検索エンジン Groonga をベースとした MySQL のストレージエンジン Mroonga を MariaDB で使用する方法についての簡単な記録です。

MariaDB 10.0.x では Mroonga のプラグインがバンドルされているので、 Mroonga を別途インストールする必要はありません。
プラグインを有効にすればすぐに使用できるようになります。(但し、バンドルされている Mroonga はバージョンが少し古いようなので、最新バージョンを使用したければ別途インストールする必要があります)

(Groonga, Mroonga については不勉強で疎いため、乱文ご容赦ください)

0. 前提条件

  • MariaDB 10.0.21 (on Linux Mint 17.2) での作業を想定。

1. プラグインの有効化

以下の SQL を実行して、プラグインを有効にする。

1
2
3
4
5
> INSTALL PLUGIN Mroonga SONAME 'ha_mroonga.so';
> CREATE FUNCTION last_insert_grn_id RETURNS INTEGER SONAME 'ha_mroonga.so';
> CREATE FUNCTION mroonga_snippet RETURNS STRING SONAME 'ha_mroonga.so';
> CREATE FUNCTION mroonga_command RETURNS STRING SONAME 'ha_mroonga.so';
> CREATE FUNCTION mroonga_escape RETURNS STRING SONAME 'ha_mroonga.so';

2. プラグイン有効化の確認

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
> SHOW ENGINES;
+--------------------+---------+----------------------------------------------------------------------------+--------------+------+------------+
| Engine             | Support | Comment                                                                    | Transactions | XA   | Savepoints |
+--------------------+---------+----------------------------------------------------------------------------+--------------+------+------------+
| MEMORY             | YES     | Hash based, stored in memory, useful for temporary tables                  | NO           | NO   | NO         |
| CSV                | YES     | CSV storage engine                                                         | NO           | NO   | NO         |
| PERFORMANCE_SCHEMA | YES     | Performance Schema                                                         | NO           | NO   | NO         |
| BLACKHOLE          | YES     | /dev/null storage engine (anything you write to it disappears)             | NO           | NO   | NO         |
| MyISAM             | YES     | MyISAM storage engine                                                      | NO           | NO   | NO         |
| MRG_MyISAM         | YES     | Collection of identical MyISAM tables                                      | NO           | NO   | NO         |
| Mroonga            | YES     | CJK-ready fulltext search, column store                                    | NO           | NO   | NO         |
| FEDERATED          | YES     | FederatedX pluggable storage engine                                        | YES          | NO   | YES        |
| InnoDB             | DEFAULT | Percona-XtraDB, Supports transactions, row-level locking, and foreign keys | YES          | YES  | YES        |
| Aria               | YES     | Crash-safe tables with MyISAM heritage                                     | NO           | NO   | NO         |
| ARCHIVE            | YES     | Archive storage engine                                                     | NO           | NO   | NO         |
+--------------------+---------+----------------------------------------------------------------------------+--------------+------+------------+
11 rows in set (0.00 sec)

3. テーブルの作成方法

以下は、ストレージモードでテーブルを作成する場合で、 col_name_2 に全文検索インデックスを張る例(トークナイザはデフォルトの “TokenBigram")。

1
2
3
4
5
6
> CREATE TABLE table_name(
>   id INT PRIMARY KEY AUTO_INCREMENT,
>   col_name_1 VARCHAR(255),
>   col_name_2 VARCHAR(255),
>   FULLTEXT INDEX (col_name_2)
> ) ENGINE = Mroonga DEFAULT CHARSET utf8;

以下は、ラッパーモード(元のストレージエンジンは InnoDB)でテーブルを作成する場合で、 col_name_2 に全文検索インデックスを張る例(トークナイザはデフォルトの “TokenBigram")。

1
2
3
4
5
6
> CREATE TABLE table_name (
>   id INT PRIMARY KEY AUTO_INCREMENT,
>   col_name_1 VARCHAR(255),
>   col_name_2 VARCHAR(255),
>   FULLTEXT INDEX (col_name_2)
> ) ENGINE = Mroonga COMMENT = 'engine "InnoDB"' DEFAULT CHARSET utf8;

※但し、 MariaDB では FULLTEXT INDEX で設定しても FULLTEXT KEY で登録される。

ちなみに、テーブルデフォルトのトークナイザを MeCab に変更したい場合は以下のようにする。(設定ファイルで指定することも可能)

1
> ) ENGINE = Mroonga COMMENT='default_tokenizer "TokenMecab"' DEFAULT CHARSET utf8;

FULLTEXT INDEX のパーサのみ変更したい場合は以下のようにする。

1
>   FULLTEXT INDEX (col_name_2) COMMENT='parser "TokenMecab"'

4. 検索例

以下は、テーブル table_name の col_name_2 に「松江」を含み「出雲」を含まないレコードを検索する例。

1
2
3
> SELECT *, MATCH (col_name_2) AGAINST("+松江 -出雲" IN BOOLEAN MODE)
>   FROM table_name
>  WHERE MATCH (col_name_2) AGAINST("+松江 -出雲" IN BOOLEAN MODE);
  • SELECT 句内の MATCH ... AGAINST ... は、検索スコア。
  • IN BOOLEAN MODE は、マッチ率の概念を省いて、単純にかつ機械的に検索するモード。

ちなみに、当方で 30 万件ほどレコードのあるテーブルで同様に検索してみた結果、 WHERE 句を

1
WHERE col_name_2 LIKE '%松江%' AND col_name_2 NOT LIKE '%出雲%'

にして検索するより約 100 倍高速に検索できました。さらに、レコード約 1,300 万件では 約 500 倍高速に検索できました。
(テーブルレイアウト、レコード数等にもよるでしょうが)

5. 参考サイト

中でも、Mroonga プラグインの有効については以下を参照。


検索の高速化を図るには必須の機能でしょう。

当方も InnoDB で構築している既存の DB の高速化を図ってみたいところです。

以上。

Comments