mk-mode BLOG

このブログは自作の自宅サーバに構築した Debian GNU/Linux で運用しています。
PC・サーバ構築等の話題を中心に公開しております。(クローンサイト: GitHub Pages

ブログ開設日2009-01-05
サーバ連続稼働時間
Reading...
Page View 合計
Reading...
今日
Reading...
昨日
Reading...

GIS - D3.js で地図描画!

[ pc_tips ] [ GIS, 地図 ]

こんにちは。

Web ページ上に画像を使用せずに JavaScript で地図を描画する方法につての記録です。

使用するツールは D3.js - Data-Driven Documents という Web ブラウザ上で動的にコンテンツを描画するための JavaScript ライブラリです。

0. 前提条件

1. 地図表示用ページの HTML 作成

d3_map.html
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
  <head>
    <meta charset="utf-8">
    <title>日本地図(都道府県別) - D3.js</title>
    <script src="http://d3js.org/d3.v3.min.js"></script>
    <script src="http://d3js.org/topojson.v0.min.js"></script>
  </head>
  <body>
    <h1>D3.js による日本地図(都道府県別)</h1>
    <div id="map"></div>
    <script src="d3_map.js"></script>
  </body>
</html>

http://d3js.org/d3.v3.min.js, http://d3js.org/topojson.v0.min.js の部分は、ダウンロードした JS ファイルを指定してもよい。
また、d3_map.js の部分は、別ファイルを読み込む形でなく直接ここにスクリプトを記載してもよい。

2. 地図表示用 JavaScript ファイルの作成

d3_map.js
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
// SVG サイズ設定
var width = 800, height = 800;

// SVG 要素追加
var svg = d3.select("#map").append("svg")
    .attr("width", width)
    .attr("height", height);

// JSON データ読み込み
d3.json("japan.topojson", function(json) {
    var japan = topojson.object(json, json.objects.japan).geometries;

    // 投影法設定
    var projection = d3.geo.mercator()
        .center([138, 34])
        .scale(1200)
        .translate([width / 2, height / 2]);

    // 緯度・経度 => パス変換
    var path = d3.geo.path()
        .projection(projection);

    // 地図描画
    svg.selectAll("path")

3. 確認

HTTP サーバを起動して確認してみる。
以下は、当方 Ruby on Rails 製ページに実装したもの。(ファイルの置き場所を Rails のディレクトリ構成に合わせたり、View テンプレート内での JS ファイル取り込みに javascript_include_tag を使用したり、 “config/initializer/assets.rb” に追記したり、と)

参考サイト


PNG や JPEG 等の画像を使用しないので軽いです。

D3.js についてもう少し勉強して、いずれはもっと凝ったものを作ってみたいです。

以上。

Comments