mk-mode BLOG

このブログは自作の自宅サーバに構築した Debian GNU/Linux で運用しています。
PC・サーバ構築等の話題を中心に公開しております。(クローンサイト: GitHub Pages

ブログ開設日2009-01-05
サーバ連続稼働時間
Reading...
Page View 合計
Reading...
今日
Reading...
昨日
Reading...

MySQL 5.6 - APT リポジトリからインストール(on Linux Mint 17.1)!

[ サーバ構築 ] [ LinuxMint, MySQL ]

こんにちは。

0. 前提条件

  • Linux Mint 17.1(64bit) での作業を想定。
  • 古いバージョンの MySQL サーバ・クライアントはアンインストール済み。(パッケージインストール分、ソースビルドインストール分)
  • Linux Mint は Ubuntu ベースの Linux ディストリビューションなので、 Ubuntu 用リポジトリを使用する。(どの Ubuntu バージョンがどの Linux Mint バージョンと対応するのか注意して)

1. APT リポジトリ追加用パッケージのダウンロード

Linux Mint 17.1 なので Ubuntu 14.04 用パッケージをダウンロード。
("MySQL :: Download MySQL APT Repository“ からリンクをたどってダウンロードしてもよい)

1
$ wget http://dev.mysql.com/get/mysql-apt-config_0.3.2-1ubuntu14.04_all.deb

2. APT リポジトリ追加用パッケージのインストール

1
$ sudo dpkg -i mysql-apt-config_0.3.2-1ubuntu14.04_all.deb

3. APT リストの更新

1
$ sudo apt-get update

4. MySQL サーバのインストール

MySQL サーバを以下のようにしてインストールする。

1
$ sudo apt-get install mysql-server

以下のように、 “Server” - “mysql-5.6” と選択後に “Apply” で保存する。

MYSQL_APT_1 MYSQL_APT_2 MYSQL_APT_3 MYSQL_APT_4 MYSQL_APT_5 MYSQL_APT_6

次に、 root ユーザのパスワードを入力&確認入力を行う。

MYSQL_APT_7 MYSQL_APT_8

最後に、 test データベースをインストールする否か問われるので、選択する。(運用環境の場合はインストールしない方がよい)

MYSQL_APT_9

もしも “my.cnf” が既に存在する場合は、既存の “my.cnf” を残すか書き換えるか等の問い合わせをされるので、適宜対処する。

5. MySQL クライアントのインストール

MySQL クライアントも同様にインストールする。(必要に応じて)

1
$ sudo apt-get install mysql-client

6. インストールの確認

MySQL サーバ、クライアントがインストールできているかバージョンを表示させて確認してみる。

1
2
3
4
5
$ mysql --version
mysql  Ver 14.14 Distrib 5.6.22, for Linux (x86_64) using  EditLine wrapper

$ mysqld --version
mysqld  Ver 5.6.22 for Linux on x86_64 (MySQL Community Server (GPL))

7. MySQL サーバの起動・停止等

1
2
3
4
5
6
$ sudo service mysql status        # <= 状態確認
$ sudo service mysql stop          # <= サーバ停止
$ sudo service mysql start         # <= サーバ起動
$ sudo service mysql restart       # <= サーバ再起動
$ sudo service mysql reload        # <= サーバ再起動と同じ
$ sudo service mysql force-reload  # <= サーバ再起動と同じ

起動スクリプト “/etc/init.d/mysql” を見る限り、今は reloadforce-reloadrestart と同じ動きをするようになっていた。(以前は、reload が「設定の再読み込み」で、 force-reload が「設定の強制再読み込み」だったかと)

8. my.cnf のチューニング

必要なら、設定ファイル “my.cnf” を編集してチューニングする。(運用しながらチューニングしてもよい)
当方は、以前から使用している設定ファイルを流用している。

また、"my.cnf" の配置場所は複数あるので、読み込み順に注意すること!(存在するものを順に「全て」読み込み、後で読み込んだ設定で上書きされる)
自分がどのディレクトリにある “my.cnf” を使用したいか明確に意識してないと、予期せぬ不都合に見舞われることになる。
ちなみに読み込み順は以下ようにして確認可。(環境により出力内容は異なる)

1
2
3
$ mysql --help | grep -A1 "Default options"
Default options are read from the following files in the given order:
/etc/my.cnf /etc/mysql/my.cnf ~/.my.cnf

9. MySQL サーバへのログイン

MySQL クライアントで MySQL サーバへ “root” でログインしてみる。(出力内容は、環境により異なる)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
$ mysql -u root -p
Enter password:
Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 1
Server version: 5.6.22-log MySQL Community Server (GPL)

Copyright (c) 2000, 2014, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

Oracle is a registered trademark of Oracle Corporation and/or its
affiliates. Other names may be trademarks of their respective
owners.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

mysql> STATUS
--------------
mysql  Ver 14.14 Distrib 5.6.22, for Linux (x86_64) using  EditLine wrapper

Connection id:          1
Current database:
Current user:           root@localhost
SSL:                    Not in use
Current pager:          less
Using outfile:          ''
Using delimiter:        ;
Server version:         5.6.22-log MySQL Community Server (GPL)
Protocol version:       10
Connection:             Localhost via UNIX socket
Server characterset:    utf8mb4
Db     characterset:    utf8mb4
Client characterset:    utf8mb4
Conn.  characterset:    utf8mb4
UNIX socket:            /var/run/mysqld/mysqld.sock
Uptime:                 1 min 2 sec

Threads: 1  Questions: 5  Slow queries: 0  Opens: 70  Flush tables: 1  Open tables: 63  Queries per second avg: 0.080
--------------

mysql>

10. 各種動作確認

各種コマンドが使用可能か確認する。

11. サービス自動起動の設定

インストール直後はマシン起動時に自動で起動するよう設定されている。

自動起動しないよう設定するには、「システム管理」-「サービスの管理」で “mysql” に付いているチェックを外せばよい。

もしくは、 sysv-rc-conf コマンドで以下のようにする。(インストールは sudo apt-get install sysv-rc-conf 等で)
(2, 3, 4, 5 が on になっていると自動起動する設定、 off になっていると自動起動しない設定)

1
2
3
4
5
6
7
$ sysv-rc-conf --list | grep mysql
mysql        0:off      1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off

$ sudo sysv-rc-conf mysql off

$ sysv-rc-conf --list | grep mysql
mysql        0:off      1:off   2:off   3:off   4:off   5:off   6:off

12. 参考サイト


当方、ソースをビルドしてインストールする方法を採用することが多いですが、有事に備えて APT リポジトリを使用したインストール方法も記録しておいた次第です。

以上。

Comments