mk-mode BLOG

このブログは自作の自宅サーバに構築した Debian GNU/Linux で運用しています。
PC・サーバ構築等の話題を中心に公開しております。(クローンサイト: GitHub Pages

ブログ開設日2009-01-05
サーバ連続稼働時間
Reading...
Page View 合計
Reading...
今日
Reading...
昨日
Reading...

Linux - システム稼働開始日時取得(btime 使用)!

[ pc_tips ] [ Linux ]

こんばんは。

以前、最近ログインしたユーザ情報を表示する last コマンドで reboot 行からシステム稼働開始日時を判別する方法を紹介しました。

しかし、この方法は “wtmp” ファイルに依存するするため、 “wtmp” ファイルに “reboot” に関する情報が記録されてない場合は取得できません。(経験上、環境により記録されていたり記録されてなかったりした)

以下、プロセスの状態が記録されている “/proc/stat” ファイルから btime 値を取得して起動日時を判別する方法についての記録です。

0. 前提条件

  • Linux Mint 17.1(64bit), CentOS 6.6, 7.0 で動作確認済み。
  • 以下では、説明のため順を追って説明している。

1. btime 行の取得

システムの起動日時が “/proc/stat” ファイルの btime 行に記録されているので、それを取得。

1
2
$ grep btime /proc/stat
btime 1413336664

もしくは、

1
2
$ cat /proc/stat | grep btime
btime 1413336664

2. btime 値の取得

前項で取得した行の値の部分だけを cut コマンドで切り出す。
(取得した btime 行の 7 バイト目移行を切り出し)

1
2
$ grep btime /proc/stat | cut -b7-
1413336664

3. btime 値を日付時刻型に変換

取得した値は UNIX 時間(1970/01/01 からの秒数)であるので、 date コマンドで書式を変換する。

1
2
$ date +"%Y年%m月%d日 %H時%M分%S秒" --date=@`grep btime /proc/stat | cut -b7-`
2014年10月15日 10時31分04秒

“wtmp” ファイルに “reboot” ユーザの行が記録されてないことがあるために last コマンドで取得できないことがありましたが、今回の方法なら(おそらく)確実に取得可能です。

以上。

Comments