mk-mode BLOG

このブログは自作の自宅サーバに構築した Debian GNU/Linux で運用しています。
PC・サーバ構築等の話題を中心に公開しております。(クローンサイト: GitHub Pages

ブログ開設日2009-01-05
サーバ連続稼働時間
Reading...
Page View 合計
Reading...
今日
Reading...
昨日
Reading...

GMT - 5.1 系をソースからインストール!

[ pc_tips ] [ GIS, GMT, 地図 ]

こんばんは。

Installing - GMT - GMT - The Generic Mapping Tools” に「4 系の Ubuntu/Debian パッケージには大きな問題があるため、問題のないソースをビルドする方法で」旨の注意書きがあるので、ソースをビルドしてインストールすることにしました。(4 系ではなく 最新の 5 系を)

実際、パッケージでインストールした GMT 4.5.11 では pscoast した際に、余分な線が描画されることがありました。(4 系のバグが原因かどうかは不明ですが)

以下、インストール作業の記録です。

0. 前提条件

  • Linux Mint 17(64bit) で QGIS 2.6.1 を使用して作業することを想定。
  • GMT 5.1.1 (当記事執筆時点で最新)をインストールする。
  • GMT 4 系と共存させることは考えない。(共存を考えるのであれば、インストール Prefix を変えるなどの設定が必要)
  • ドキュメントのインストール、 CPack パーケージング(プラットフォーム固有のインストーラの作成)は行わない。
  • 下記で紹介する記録は、ほぼ公式サイトの説明通り。

1. 依存パッケージのインストール

依存するパッケージが未インストールなら、インストールしておく。

1
$ sudo apt-get install ghostscript build-essential cmake libnetcdf-dev libgdal1-dev libfftw3-dev libpcre3-dev

2. アーカイブファイルのダウンロード&展開

アーカイブファイル(約128MB)をダンロードする。
(ダウンロード先はユーザホームディレクトリ、ダウンロード元は近場の東海大学のサイトを選んだ)

1
$ wget ftp://ftp.scc.u-tokai.ac.jp/pub/gmt/gmt-5.1.1-src.tar.gz

そして、展開する。

1
$ tar zxvf gmt-5.1.1-src.tar.gz

【補足】もしも、開発中の GMT のソースが欲しければ、 SVN でバージョン管理されているので以下のように svn コマンドでチェックアウトする。(当記事執筆時点で、開発中のバージョンは 5.1.2)

1
$ svn checkout svn://gmtserver.soest.hawaii.edu/gmt5/trunk gmt5-dev

3. 海岸線データのダウンロード&展開

GMT が用意している海岸線データ(GSHHG)(約54MB)をダウンロードする。
(ダウンロード先は “/usr/local/share/gmt"、ダウンロード元は近場の東海大学のサイトを選んだ)

1
2
3
$ sudo mkdir /usr/local/share/gmt
$ cd /usr/local/share/gmt
$ sudo wget ftp://ftp.scc.u-tokai.ac.jp/pub/gmt/gshhg-gmt-2.3.0.tar.gz

そして、展開&リネームする。(リネームしたくなければ、しなくてよい)

1
2
$ sudo tar zxvf gshhg-gmt-2.3.0.tar.gz
$ sudo mv gshhg-gmt-2.3.0 gshhg

4. 国別ポリゴンデータのダウンロード&展開

GMT が用意しているポリゴンデータ(約20MB)をダウンロードする。
(ダウンロード先は “/usr/local/share/gmt"、ダウンロード元は近場の東海大学のサイトを選んだ)

1
$ sudo wget ftp://ftp.scc.u-tokai.ac.jp/pub/gmt/dcw-gmt-1.1.1.tar.gz

そして、展開&リネームする。(リネームしたくなければ、しなくてよい)

1
2
$ sudo tar zxvf dcw-gmt-1.1.1.tar.gz
$ sudo mv dcw-gmt-1.1.1 dcw

5. CMake ファイルの編集

GMT 5 系は configure ではなく cmake を使用する。
まず、用意されている cmake テンプレートを複製する。

1
2
$ cd ~/gmt-5.1.1
$ cp cmake/ConfigUser{Template,}.cmake

そして、以下のように編集(コメント解除&変更、FLOCK の行は追加)する。

cmake/ConfigUser.cmake
1
2
3
4
set (CMAKE_INSTALL_PREFIX /usr/local)
set (GSHHG_ROOT /usr/local/share/gmt/gshhg)
set (DCW_ROOT /usr/local/share/gmt/dcw)
set (FLOCK TRUE)

6. GMT のビルド&インストール

1
2
3
4
5
$ mkdir build
$ cd build
$ cmake ..
$ make
$ sudo make install

7. 動作確認

GMT のパラメータデフォルト値の一覧を表示してみる。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
$ gmtdefaults -D
#
# GMT 5.1.1 Defaults file
# vim:sw=8:ts=8:sts=8
# $Revision: 12822 $
# $LastChangedDate: 2014-02-01 00:39:56 +0100 (Sat, 01 Feb 2014) $
#
# COLOR Parameters
#
COLOR_BACKGROUND                = black
COLOR_FOREGROUND                = white
COLOR_NAN                       = 127.5
COLOR_MODEL                     = none
COLOR_HSV_MIN_S                 = 1
COLOR_HSV_MAX_S                 = 0.1
COLOR_HSV_MIN_V                 = 0.3
COLOR_HSV_MAX_V                 = 1

         :
====< 以下省略 >====
         :

8. 地図描画の確認

試しに地図を描画してみる。

1
2
3
$ cd ~/
$ gmtset PS_MEDIA = CUSTOM_18cx20c
$ pscoast -P -JM15c -R126/149/25/46 -Dh -Wthinnest,black -Gwheat -S240/255/255 -Bg5a10f5::WSen -X2 -Y1.5 > MAP_TEST.ps

1行目の gmtset コマンドでは、各種初期設定を行っている。

  • PS_MEDIA で出力する用紙のサイズを指定。
    上記の場合は、横18cm, 縦20cm ということ。
    a4 のようにも指定可能。 eps ファイルを出力したい場合は a4+ のように + を付与する。
    ちなみに、4 系では PAPER_MEDIA で用紙サイズをしていした。
  • デフォルトに戻すには、 gmtdefaults -D > .gmtdefaults4 とする。

2行目の pscoast コマンドでは、大陸の描画を行っている。(GMT の持っている地図データ使用)

  • -P は、ポートレート(縦長)に指定するオプション。
  • -J は、地図の種類と大きさを指定するオプションで、 -JM15c はメルカトル図法で15cm四方の図。
    1度単位でサイズを指定したい場合は、 -Jm1c のように小文字の m を使用する。
    縦横異なる比率で指定したい場合は、 -Jm2cx1.8c 等のように指定する。
  • -R は、描画領域を指定するオプションで、 -R西端/東端/南端/北端 で指定。
  • -D は、地図データの分解能を指定するオプションで、 -Dh は高解像度。(中: i, 低: l 等)
  • -W は、海岸線を描画するオプションで、 -Wthinnest,black は極細(0.25p)の黒線。(様々な指定方法あり)
  • -G は、陸域の塗りつぶし色を指定するオプションで、 -Gwheat は小麦色。
  • -S は、海域の塗りつぶし色を指定するオプションで、 -S200/255/255 は白色がやや青みがかった色。
  • -B は、枠線を描画するオプションで、 g5 は5度間隔で経緯度線、 a10 は10度間隔でラベル、 f5 は5度間隔で枠線塗り分け。
  • -X は、x 軸方向へ移動(単位:cm)するオプションで、 -X2 は縦軸の目盛の値のために 2cm 移動。
  • -Y は、y 軸方向へ移動(単位:cm)するオプションで、 -Y1.5 は横軸の目盛の値のために 1.5cm 移動。

以下が出力された地図。(公開の都合上、 JPEG に変換している)

MAP_TEST

ちなみに、パッケージでインストールした GMT 4.5.11 で描画した場合、以下のように余分な線が描画されることがあった。(オプションの指定の仕方によってはこの現象は発生しない)

MAP_TEST_4

9. その他

環境変数は特に設定する必要はないようだ。

参考サイト


パッケージでインストールした GMT 4.5.11 では余分な線が描画されることがありましたが、 5.1.1 ではそれが解消されました。

以上。

Comments