mk-mode BLOG

このブログは自作の自宅サーバに構築した Debian GNU/Linux で運用しています。
PC・サーバ構築等の話題を中心に公開しております。(クローンサイト: GitHub Pages

ブログ開設日2009-01-05
サーバ連続稼働時間
Reading...
Page View 合計
Reading...
今日
Reading...
昨日
Reading...

FreeBSD 10.0 - DB サーバ MariaDB インストール!

[ サーバ構築 ] [ FreeBSD, MariaDB ]

こんばんは。

「FreeBSD 10.0 - DB サーバ MariaDB インストール」についての記録です。

(旧バージョンでの個人の作業記録を更新しました。興味がなければスルーしてください)

0. 前提条件

  • 以下の作業は、リモート接続して行う。(リモートから ssh vbox で接続)
  • リモート端末は、 Linux Mint 17 マシンを想定しているが、 Unix 系 OS なら同じ。
  • 設定ファイル等のテキストファイルの編集には vi コマンドを使用。
  • 作業はリモート接続で一般ユーザから root になって行う。
  • サーバマシンのメモリ容量は 1GB を想定。
  • データディレクトリは “/home/mariadb” とする。
  • MariaDB とは言っても内部では随所に MySQL の単語は出現することを意識しておく。
  • 主にFreeBSDサーバー構築マニュアルを参照。

1. pkgtools.conf編集

make 実行時に常時設定するパラメータを設定しておく。

/usr/local/etc/pkgtools.conf
1
2
3
  MAKE_ARGS = {
    'databases/mariadb55-server' => 'WITH_CHARSET=utf8',  # <= 追加
  }

2. MariaDB 5インストール

1
2
3
# cd /usr/ports/databases/mariadb55-server
# make BATCH=yes WITH_CHARSET=utf8 install clean
# rehash

3. DBI インストール

1
2
# cd /usr/ports/databases/p5-DBI
# make BATCH=yes install clean

4. DBD インストール

1
2
3
# cd /usr/ports/databases/p5-DBD-mysql
# make BATCH=yes install clean
# cd

5. 自動起動設定

/etc/rc.conf
1
2
mysql_enable="YES"           # <= 追加
mysql_dbdir="/home/mariadb"  # <= 追加

6. MariaDB 設定ファイル編集

用意されているサンプル設定ファイル(メモリ512MB用)を複製。

1
2
# cp /usr/local/share/mysql/my-large.cnf /usr/local/etc/my.cnf
# chmod 640 /usr/local/etc/my.cnf

そして、編集。(以下は最低限の編集。InnoDB を使用するなら、コメント解除するなり運用に合わせて適宜編集すること)

/usr/local/etc/my.cnf
1
2
3
4
[mysqld]
datadir = /home/mariadb
skip-character-set-client-handshake  # <= 追加(クライアントの文字コードに依存しない)
character-set-server = utf8          # <= 追加(デフォルト文字コードを UTF-8 とする)

7. データディレクトリ作成

データディレクトリをデフォルト以外に変更する場合。

1
2
# mkdir /home/mariadb
# chown -R mysql:mysql /home/mariadb

8. MariaDB 起動

1
2
# /usr/local/etc/rc.d/mysql-server start
Starting mysql.

9. データベース設定

root パスワードの作成、不要 DB の削除、DB 新規作成、ユーザ新規作成等を行う。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
# mysql -u root
Welcome to the MariaDB monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MariaDB connection id is 1
Server version: 5.5.39-MariaDB FreeBSD Ports

Copyright (c) 2000, 2014, Oracle, Monty Program Ab and others.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

MariaDB [(none)]> SET PASSWORD FOR root@localhost=password('root_password');  # <= MariaDB の root パスワードを設定
Query OK, 0 rows affected (0.01 sec)

MariaDB [(none)]> SELECT user,host FROM mysql.user;      # <= 登録済ユーザ一覧を確認
+------+------------------+
| user | host             |
+------+------------------+
| root | 127.0.0.1        |
| root | ::1              |
|      | localhost        |
| root | localhost        |
|      | vbox.mk-mode.com |
| root | vbox.mk-mode.com |
+------+------------------+
6 rows in set (0.00 sec)

MariaDB [(none)]> DELETE FROM mysql.user WHERE user='';  # <= 空ユーザを削除
Query OK, 2 rows affected (0.00 sec)

MariaDB [(none)]> SHOW DATABASES;                        # <= データベース一覧を確認
+--------------------+
| Database           |
+--------------------+
| information_schema |
| mysql              |
| performance_schema |
| test               |
+--------------------+
4 rows in set (0.00 sec)

MariaDB [(none)]> DROP DATABASE test;                    # <= データベース test を削除
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

MariaDB [(none)]> CREATE DATABASE hoge;                  # <= データベース hoge を作成
Query OK, 1 row affected (0.02 sec)

MariaDB [(none)]> GRANT ALL PRIVILEGES ON hoge.* TO masaru@localhost IDENTIFIED BY 'user_password';  # <= ユーザ masaru を作成
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

MariaDB [(none)]> EXIT
Bye

10. MariaDB 動作確認

MariaDB のバージョンを確認。

1
2
# mysql --version
mysql  Ver 15.1 Distrib 5.5.39-MariaDB, for FreeBSD10.0 (amd64) using readline 5.1

MariaDB に root でログイン。

1
2
# mysql -u root -p
Enter password:        # <= root パスワードを入力

その他、DB・テーブル・ユーザ の追加・削除・表示等行ってみる。


以上。

Comments