mk-mode BLOG

このブログは自作の自宅サーバに構築した Debian GNU/Linux で運用しています。
PC・サーバ構築等の話題を中心に公開しております。(クローンサイト: GitHub Pages

ブログ開設日2009-01-05
サーバ連続稼働時間
Reading...
Page View 合計
Reading...
今日
Reading...
昨日
Reading...

FreeBSD 10.0 - UTF-8 化!

[ サーバ構築 ] [ FreeBSD ]

こんばんは。

「FreeBSD 10.0 - UTF-8 化」についての記録です。

(旧バージョンでの個人の作業記録を更新しました。興味がなければスルーしてください)

0. 前提条件

  • インストール作業時に SSH サーバをインストールを行っている。
  • 以下の作業は、リモート接続して行う。(リモートから ssh vbox で接続)
  • リモート端末は、 Linux Mint 17 マシンを想定しているが、 Unix 系 OS なら同じ。
  • 設定ファイル等のテキストファイルの編集には vi コマンドを使用。
  • 作業はリモート接続で一般ユーザから root になって行う。
  • 主にFreeBSDサーバー構築マニュアルを参照。

1. 設定ファイル編集

設定ファイルを編集する。

/etc/login.conf
1
2
3
4
5
6
7
8
#russian|Russian Users Accounts:\
japanese|Japanese Users Accounts:\  # <= 変更

    #:charset=KOI8-R:\
    :charset=UTF-8:\                # <= 変更

    #:lang=ru_RU.KOI8-R:\
    :lang=ja_JP.UTF-8:\             # <= 変更

そして、 DB のハッシュ化。

1
# cap_mkdb /etc/login.conf

2. Vim インストール

まず、 Vim をインストール。

1
2
3
4
# cd /usr/ports/editors/vim
# make BATCH=yes NO_GUI=yes install clean
# rehash
# cd

“.cshrc” を編集。

~/.cshrc
1
2
3
4
5
6
7
8
9
alias h      history 25
alias j      jobs -l
alias la     ls -a
alias lf     ls -FA
alias ll     ls -lA
alias vi     vim     # <= 追加(エイリアスの設定)

#setenv  EDITOR vi
setenv  EDITOR vim   # <= 変更(標準エディタを Vim に変更)

“.cshrc” の即時反映。

1
# source ~/.cshrc

そして、 “.vimrc” の編集。

~/.vimrc
1
set encoding=utf-8  # <= 追加

3. 日本語マニュアル導入

まず、日本語マニュアルをインストール。

1
2
3
4
5
6
7
# cd /usr/ports/japanese/man
# make BATCH=yes install clean
# cd /usr/ports/japanese/man-doc
# make BATCH=yes install clean
# cd /usr/ports/misc/lv
# make BATCH=yes install clean
# cd

“.cshrc” を編集。

~/.cshrc
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
alias h      history 25
alias j      jobs -l
alias la     ls -a
alias lf     ls -FA
alias ll     ls -lA
alias vi     vim
alias man    'env LC_CTYPE=ja_JP.eucJP jman'  # <= 追加

#setenv  PAGER  more
setenv  PAGER  lv                             # <= 変更

setenv  LV     '-Ou8'                         # <= 追加

“.cshrc” の即時反映。

1
# source ~/.cshrc

“manpath.config” を編集。

/etc/manpath.config
1
2
3
4
MANPATH_MAP /bin /usr/share/man              # <= 追加
MANPATH_MAP /usr/bin /usr/share/man          # <= 追加
MANPATH_MAP /usr/bin /usr/share/openssl/man  # <= 追加
MANPATH_MAP /usr/local/bin /usr/local/man    # <= 追加

日本語マニュアルの確認。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
# man man
MAN(1)                  FreeBSD 一般コマンドマニュアル                  MAN(1)

名称
     man - オンラインマニュアルのフォーマット、表示を行なう

書式
     man [-adfhkotw] [-m machine] [-p string] [-M path] [-P pager] [-S list]
         [section] name ...

解説
     man はオンラインマニュアルをフォーマットし、表示します。このバージョンで
     は、環境変数 MANPATH と PAGER を参照するので、各ユーザが固有のオンライン
     マニュアルを持つ事や、画面で見る際のページャを選ぶ事が可能です。セクショ
     ンを指定した場合、 man はそのセクションのみを探します。また、コマンドライ
     ンオプションや環境変数によって、検索するセクションの順序や、ソースファイ
     ルを処理するプリプロセッサを指定することもできます。システム管理者の設定
     によっては、ディスクスペースを節約するために、フォーマット済みのオンライ
     ンマニュアルを `/usr/bin/gzip -c' コマンドにより圧縮し格納するようにする
     ことも出来ます。

     オプションを以下に示します:

(stdin):

(終了は、 [SPACE] キー or “q” キー)


以上。

Comments