mk-mode BLOG

このブログは自作の自宅サーバに構築した Debian GNU/Linux で運用しています。
PC・サーバ構築等の話題を中心に公開しております。(クローンサイト: GitHub Pages

ブログ開設日2009-01-05
サーバ連続稼働時間
Reading...
Page View 合計
Reading...
今日
Reading...
昨日
Reading...

C++ - twitcurl でツイート!

[ sns, プログラミング ] [ C言語, Twitter ]

こんばんは。

C++ で twitcurl ライブラリを使用して Twitter へポストする方法についての記録です。

(C++ にそれほど精通している訳でもありません。ご承知おきください)

0. 前提条件

  • Linux Mint 17 での作業を想定。
  • g++(c++) のバージョンは 4.8.2
  • Twitter の Consumer Key, Secret, OAuth Access Token, Secret が取得済みであることを想定。
  • Twitter の Consumer Key, Secret, OAuth Access Token, Secret が未取得の場合の処理やツイート以外の処理を実装することも可能だが、今回はツイートに限定した処理にしている。詳細は参考サイトのコーディング例を参照のこと。

1. 必要パッケージインストール

twitcurl ライブラリのインストールに必要なパッケージが未インストールならインストールする。

1
$ sudo apt-get install g++ subversion

さらに libcurl4-dev パッケージも必要だが、これは libcurl4-openssl-dev, libcurl4-nss-dev, libcurl4-gnutls-dev が提供する仮想パッケージなので、どれもインストールされてなければ、どれか一つをインストールする。

1
$ sudo apt-get install libcurl4-openssl-dev

2. twitcurl ライブラリインストール

ソースを取得しビルド・インストールする。

1
2
3
4
$ svn co http://twitcurl.googlecode.com/svn/trunk/libtwitcurl
$ cd libtwitcurl
$ make
$ sudo make install

3. C++ ソースコード作成

twitcurl.cpp
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
/**
 * Tweet by twitcurl
 */
#include <iostream>
#include <string>
#include <twitcurl.h>

using namespace std;

/*
 * [CLASS] Process
 */
class Proc
{
    twitCurl twitterObj;
    string strConsumerKey, strConsumerSecret;
    string strAccessTokenKey, strAccessTokenSecret;
    string strReplyMsg;
public:
    Proc();                 // Constructor
    bool execMain(string);  // Main Process
};

/*
 * Proc - Constructor
 */
Proc::Proc()
{
    // Initialize
    strConsumerKey       = "your_consumer_key";
    strConsumerSecret    = "your_consumer_secret";
    strAccessTokenKey    = "your_access_token_key";
    strAccessTokenSecret = "your_access_token_secret";
}

/*
 * Main Process
 */
bool Proc::execMain(string strString)
{
    try {
        // Set Twitter consumer key and secret,
        //   OAuth access token key and secret
        twitterObj.getOAuth().setConsumerKey(strConsumerKey);
        twitterObj.getOAuth().setConsumerSecret(strConsumerSecret);
        twitterObj.getOAuth().setOAuthTokenKey(strAccessTokenKey);
        twitterObj.getOAuth().setOAuthTokenSecret(strAccessTokenSecret);

        // Verify account credentials
        if (!twitterObj.accountVerifyCredGet()) {
            twitterObj.getLastCurlError(strReplyMsg);
            cerr << "\ntwitCurl::accountVerifyCredGet error:\n"
                 << strReplyMsg.c_str() << endl;
            return false;
        }

        // Post a message
        strReplyMsg = "";
        if (!twitterObj.statusUpdate(strString)) {
            twitterObj.getLastCurlError(strReplyMsg);
            cerr << "\ntwitCurl::statusUpdate error:\n"
                 << strReplyMsg.c_str() << endl;
            return false;
        }
    } catch (char *e) {
        cerr << "[EXCEPTION] " << e << endl;
        return false;
    }
    return true;
}

/*
 * Execution
 */
int main(int argc, char* argv[]){
    try {
        if (argc != 2) {
            cout << "Usage: ./Twitcurl sentence" << endl;
            return true;
        }
        Proc objMain;
        bool bRet = objMain.execMain(argv[1]);
        if (!bRet) cout << "ERROR!" << endl;
    } catch (char *e) {
        cerr << "[EXCEPTION] " << e << endl;
        return 1;
    }
    return 0;
}

4. コンパイル

作成した C++ ソースコードをコンパイルする。

1
$ g++ -Wall -O2 -o Twitcurl Twitcurl.cpp -ltwitcurl

何も出力されなければ成功。

5. 動作確認

以下のようにして実行してみる。
第1引数にツイート文を指定するが、半角スペースが間に入る場合はダブルクォーテーションで括ること。

1
$ ./Twitcurl "これは C++ と TwitCurl によるテストツイートです。"

6. 参考サイト

ライブラリのインストールについては、

コーディング例については、

Twitter 社推奨の各プログラミング言語用のライブラリ一覧は、


Twitter Bot を作成する際の参考になれば幸いです。

以上。

Comments