mk-mode BLOG

このブログは自作の自宅サーバに構築した Debian GNU/Linux で運用しています。
PC・サーバ構築等の話題を中心に公開しております。(クローンサイト: GitHub Pages

ブログ開設日2009-01-05
サーバ連続稼働時間
Reading...
Page View 合計
Reading...
今日
Reading...
昨日
Reading...

CentOS 7.0 - サーバ監視ツール Munin でハードディスク温度監視!

[ サーバ構築 ] [ CentOS, Linux, munin ]

こんばんは。

「CentOS 7.0 - サーバ監視ツール Munin でハードディスク温度監視」についての記録です。

(旧バージョンでの作業記録を更新しました。興味がなければスルーしてください)

0. 前提条件

  • CentOS 7.0-1406(x86_64) を NetInstall で最小限インストールしている。
  • サーバ用途なので、作業は基本的に全て一般ユーザから root になって行う。
  • クライアント側は Linux Mint 17 を想定。
  • 閲覧に使用する Web(HTTP) サーバは Nginx を想定。
  • ハードディスク温度取得には smartctl を使用する。インストール済みであること。
    hddtemp コマンドインストールして監視する方法もある)

1. munin-node 設定ファイル編集

/etc/munin/plugin-conf.d/hddtemp_smartctl
1
2
3
4
5
[hddtemp_smartctl]
user root
env.drives sda                   # <= 追加("sda" は監視するハードディスク)
env.smartctl /usr/sbin/smartctl  # <= 追加
env.args_sda --all -d ata        # <= 追加

2. シンボリックリンク設定

1
# ln -s /usr/share/munin/plugins/hddtemp_smartctl /etc/munin/plugins

3. munin-node 再起動

1
# systemctl restart munin-node

4. 動作確認

5分ほど待ってブラウザから http://<サーバ名orIPアドレス>/munin にアクセスして、"sensor" に “HDD temperature” が追加されていることを確認する。
当然ながら、マシンが仮想マシンなら値は取得できないので、ご注意を!

以下は、実運用中(CentOS)サーバでの例。

CENTOS_7-0_MUNIN_HDDTEMP


以上。

Comments