mk-mode BLOG

このブログは自作の自宅サーバに構築した Debian GNU/Linux で運用しています。
PC・サーバ構築等の話題を中心に公開しております。(クローンサイト: GitHub Pages

ブログ開設日2009-01-05
サーバ連続稼働時間
Reading...
Page View 合計
Reading...
今日
Reading...
昨日
Reading...

Linux - サービスの init.d 起動と service 起動の違い!

[ サーバ構築 ] [ CentOS, Linux, Ubuntu ]

こんばんは。

Linux 上でサービス起動・停止等の操作を行う際に、/etc/init.d/xxxx [start|stop|...]service xxxx [start|stop|...] とコマンドを入力すると思います。

一見全く同じ挙動するように思うかも知れませんが、厳密には異なります(場合によっては異なる挙動をします)。

以下、それについての備忘録です。

1. init.d 起動と service 起動の違い

init.d 起動、つまり以下のように実行してサービスを起動する場合は、

1
# /etc/init.d/xxxx start

環境変数全てこのコマンド実行時のまま引き継がれて、サービス起動作業に移る。

一方、service 起動、つまり以下のように実行してサービスを起動する場合は、

1
# service xxxx start

環境変数 PATHTERM のみが引き継がれて、サービスの起動作業に移る。
※但し、CentOS 6 系の場合。CentOS 5 や Ubuntu 系だと LANG も引き継がれる)。

2. service コマンドの内容確認

なぜ、環境変数 PATHTERM のみが引き継がれるのか、/sbin/service コマンド(スクリプト)の内容を確認してみた。(CentOS 6 系の場合)

以下("/sbin/service" を grep した結果)のように env コマンドに -i(継承された環境を無視して、空の環境から始める)オプションを付加して環境変数をリセット後、新たに PATHTERM だけをセットし直していることが分かる。

/sbin/service
1
2
3
4
5
6
7
                  env -i PATH="$PATH" TERM="$TERM" "${SERVICEDIR}/${SERVICE}" status

            env -i PATH="$PATH" TERM="$TERM" "${SERVICEDIR}/${SERVICE}" stop

            env -i PATH="$PATH" TERM="$TERM" "${SERVICEDIR}/${SERVICE}" start

   env -i PATH="$PATH" TERM="$TERM" "${SERVICEDIR}/${SERVICE}" ${OPTIONS}

3. 結論

init.d 起動と service 起動とで挙動に違いがあるということから、分かること・言えることは以下のとおり。

  1. 環境変数に影響されないようなサービス(起動スクリプト)なら、init.d 起動も service 起動も変わりはない。
  2. init.d 起動と service 起動で挙動が異なる場合は環境変数が影響している、と検討が付く。
  3. サービスを実行しようとする一般ユーザによって環境変数が異なる場合は、service 起動の挙動も一般ユーザによって異なることがある。
  4. 上記の事項を理解した上で、運用ルールを定めておくと良いだろう。

知っていれば、何かの時に役に立つ(原因に気付くのが早くなる)でしょう。

以上。

Comments