mk-mode BLOG

このブログは自作の自宅サーバに構築した Debian GNU/Linux で運用しています。
PC・サーバ構築等の話題を中心に公開しております。(クローンサイト: GitHub Pages

ブログ開設日2009-01-05
サーバ連続稼働時間
Reading...
Page View 合計
Reading...
今日
Reading...
昨日
Reading...

Scientific Linux - yum リポジトリ接続先変更!

[ サーバ構築 ] [ Linux, ScientificLinux ]

こんばんは。

Scientific Linux で yum を使用してパッケージをインストールしたりアップデートしたりする際に、デフォルトでは海外のサイトへつながってしまいます。

気にならないならそれでもよいのですが、当方は気になるので国内のサーバへ変更しています。

以下、当方の設定例です。

0. 前提条件

  • Scientific Linux 6.5(x86_64) での作業を想定。
    (CentOS 等 Redhat 系ディストリビューションな同様に設定可能)
  • yum-fastestmirror パッケージは使用しない。
  • 取り急ぎ sl, sl-security リポジトリのみ対応する。(enabled=1 で有効にしているもののみ)

1. 設定ファイル編集

設定ファイル “/etc/yum.repos.d/sl.repo” を以下のように編集する。
既存の baseurl を国内サーバの URL に変更している。(以下では、接続先を「北陸先端科学技術大学院大学(JAIST)」に設定しているが、「KDDI」や「理研」等でもよいし、複数設定してもよい。)
また、mirrorlistyum-fastestmirror でミラーサイトの一覧を取得する場合に参照されるので、 yum-fastestmirror を導入していなければ mirrorlist は不要。(有ってもよいが、無意味にミラーサイトへ接続に行き、戸惑うかも知れない)
yum-fastestmirror を導入しているのなら、 mirrorlist も国内サーバの URL に変更するとよい。
[sl-source]enabled=0 にしているので今回は編集しない)

/etc/yum.repos.d/sl.repo
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
[sl]
name=Scientific Linux $releasever - $basearch
#baseurl=http://ftp.scientificlinux.org/linux/scientific/$releasever/$basearch/os/
#               http://ftp1.scientificlinux.org/linux/scientific/$releasever/$basearch/os/
#               http://ftp2.scientificlinux.org/linux/scientific/$releasever/$basearch/os/
#               ftp://ftp.scientificlinux.org/linux/scientific/$releasever/$basearch/os/
baseurl=http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/scientific/$releasever/$basearch/os/
#mirrorlist=http://ftp.scientificlinux.org/linux/scientific/mirrorlist/sl-base-6.txt
#mirrorlist=http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/scientific/mirrorlist/sl-base-6.txt
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-sl file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-sl6 file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-cern

[sl-security]
name=Scientific Linux $releasever - $basearch - security updates
#baseurl=http://ftp.scientificlinux.org/linux/scientific/$releasever/$basearch/updates/security/
#               http://ftp1.scientificlinux.org/linux/scientific/$releasever/$basearch/updates/security/
#               http://ftp2.scientificlinux.org/linux/scientific/$releasever/$basearch/updates/security/
#               ftp://ftp.scientificlinux.org/linux/scientific/$releasever/$basearch/updates/security/
baseurl=http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/scientific/$releasever/$basearch/updates/security/
#mirrorlist=http://ftp.scientificlinux.org/linux/scientific/mirrorlist/sl-security-6.txt
#mirrorlist=http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/scientific/mirrorlist/sl-security-6.txt
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-sl file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-sl6 file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-cern

[sl-source]
name=Scientific Linux $releasever - Source
baseurl=http://ftp.scientificlinux.org/linux/scientific/$releasever/SRPMS/
               http://ftp1.scientificlinux.org/linux/scientific/$releasever/SRPMS/
               http://ftp2.scientificlinux.org/linux/scientific/$releasever/SRPMS/
               ftp://ftp.scientificlinux.org/linux/scientific/$releasever/SRPMS/
enabled=0
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-sl file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-sl6 file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-cern

同様に設定ファイル “/etc/yum.repos.d/sl-other.repo” も編集してもよい。
但し、enabled=0 のリポジトリは yum コマンド使用時に --enablerepo=xxx しないと有効にならないことを理解しておくこと

2. キャッシュクリア

念の為、古いパッケージのキャッシュを削除しておく。

1
# yum clean all

3. その他

今回は上記のようにして国内サーバに接続するように設定したが、 yum-fastestmirror パッケージをインストールして自動で近場のサーバに接続するようにしてもよいだろう。
その際、近場でも「日本」に限定するように設定することも可能。


これで、常に「近く」て「自分の信頼しているサーバ」に接続するようになり安心感が増します。

以上。

Comments